HOME > 6次産業化認定事業者

つつじアイコン6次産業化認定事業者

長崎県内の認定事業者一覧
No 認定年度 事業名 事業の概要 申請者 市町 農林・水産の別
1 23 地域の特産品である「煮干しいりこ」を利用した商品の加工・消費拡大・販売事業 生産量日本一で品質の高い煮干しいりこをパウダー等に加工し、JAと提携し無洗米にコーティングした「いりこ米」及びいりこダシ、いりこドレッシング等の商品を製造して、煮干し全体の付加価値を上げ、さらに加工用機械等の稼働率を向上させることにより、経営の安定化と漁業者の所得向上を目指していく。 九十九島漁業協同組合 佐世保市 水産
2 ネギ類のカット加工による販売事業 中食・外食等への販売ルートを新たに構築し、ネギ類の付加価値を高めた安定した販売を実現する。そのため、生産規模を拡大し5年後に8ha、年400トン以上のネギの生産を行う。生産地には、西海市内の遊休農地を活用する。また、栽培において使用する肥料や堆肥には、地域で排出される食品残渣や畜産排泄物などを自社で発酵し、堆肥・肥料化して使用する。ネギの栽培担当者として、新たに6~8名程度の雇用を行う。 株式会社大地のいのち 西海市 農林
3 雲仙こぶ高菜を利用した商品の加工・販売事業 長崎県雲仙市の特産物である「雲仙こぶ高菜」を加工した新商品「雲仙こぶ高菜入りヘルシーからあげ」の生産及び既存の加工品を増産し、新たに整備する加工場兼直売施設での販売や百貨店、スーパー等への販路拡大を行ない、雇用の拡大と所得の向上を図る。 農事組合法人 守山女性部加工組合 雲仙市 農林
4 24 壱岐産養殖アワビを利用した煮貝など高付加価値化商品の加工・販売事業 アワビの自家養殖を拡大して、新たなアワビ加工品を開発し、販売ルートの拡充及び販売拠点の構築を行い、経営の付加価値を高め、経営改善を図る。また、アワビの輸出向け商品を開発し、需要が見込める中国を中心に輸出にも取り組んでいく。 株式会社 若宮水産 壱岐市 水産
5 椎茸の風味・食感を活かしたスープ及びお菓子などの加工・販売事業 椎茸を増産し、椎茸を加工した新商品開発を進める。また、現在、未利用となっている椎茸茎部と規格外等のため廃棄となる地元野菜を有効に活用してスープを開発し、新たな販売拠点、販売ルートを構築して、農業経営に付加価値を取り込み、農業経営の改善を図る。 農事組合法人 サンエスファーム 南島原市 農林
6 『幻の高来そば』復活生産とソバ生麺・玄ソバへの付加価値加工及び販売事業 高来町内で細々と栽培されていた『幻の高来そば』を自社において生産拡大を行い、玄ソバでの販売やソバ生麺加工により付加価値を高め、消費者への直売、近隣のそば屋へ販売していく。また、そば打ち体験などの地元住民の体験学習を盛り込み、地域産品として成長発展させ、地域活性化を図る。 有限会社 たかき 諫早市 農林
7 そばに地元の産品を加えた加工品の製造・販売事業 そばに地元の野菜や鮮魚を混ぜた商品を開発・製造し、自店舗販売とインターネット販売により全国に販売していくことで、農業経営に付加価値を取り込み、農業経営の改善を図る。 株式会社 とんとん 川棚町 農林
8 長崎県の特産物であるビワの種を利用した商品の加工・販売事業 自社生産しているビワの種をパウダー加工し、ビワの葉や他の生産物と組み合わせた商品を開発し、販売していく。新たに加工兼直売施設を整備し、簡易な加工体験を組み入れて、観光客等向けに販売を行い、経営改善を図っていく。 社会福祉法人 出島福祉村 長崎市 農林
9 米を飼料として飼育した「米豚」を使用した商品の加工・販売事業 米を飼料として飼育した「米豚(ライス・ミート)」及び自家生産の米により製造した「米粉」を利用した、米粉とんかつ及び「米豚(ライス・ミート)」諫美豚(精肉)、ソーセージ、ハム及びハンバーグの商品開発を進め、新たな加工場、生産施設及び販売拠点を構築することで、農業経営に付加価値を取り込み、農業経営の改善を図る。 株式会社 土井農場 諫早市 農林
10 規格外のレタス、ジャガイモ、カボチャを利用した商品の加工・販売事業 現在、未利用となっている規格外のレタス、ジャガイモ、カボチャを活用し、カット加工や燻製加工等した商品を製造、販売して、生産性と付加価値を高め、農業経営の改善を図る。 株式会社 太陽野菜 雲仙市 農林
11 自社生産養殖魚のハマチ、タイ等を原魚としたフィーレ、ロイン加工等開発、販売事業 自社生産養殖魚をドレス、フィーレ、ロイン加工し、購買者のニーズにあった高付加価値商品を販売していく。生産から加工、販売までの一貫体制とコールドチェーンを整備することで、高品質・高鮮度の商品提供を可能とし、他社との差別化を行い、経営改善を図っていく。 有馬屋水産 株式会社 南島原市 水産
12 自家生産のジュース等を発酵させて作る「フルーツ酢」の開発と販売 自家生産した温州みかん等で製造した無添加のジュース等を発酵させ、「フルーツ酢」を製造し、販売する。在庫の商品を活用することで、収益性を上げ経営改善を図っていく。 近藤重雄 平戸市 農林
13 25 健康志向の時代にあった昆布を利用した食品の加工・販売事業 自社で養殖した昆布を活用し、健康志向に合う付加価値のある加工食品を開発し、自ら整備する販売・料理提供施設での販売、近隣の直売所・量販店への販売やインターネットによる販売を行い、経営の改善を図る。 有限会社 二協開発 壱岐市 水産
14 ヘルシー志向の時代にあった健康素材である鹿を利用した加工食品及び雑貨原料の製造・販売事業 自社で飼育した鹿を利用して、鹿肉ハンバーグ・鹿肉スープ・鹿肉雑炊・鹿角顆粒・鹿皮の加工用なめし皮(毛無)の開発、鹿肉ソーセージ・鹿肉ソーセージホットドッグ・鹿肉ハンバーガー・鹿皮の加工用なめし皮(毛付き)を製造する。販売は、百貨店や商社への販売やインターネット販売を行う。また、なめし皮は、工芸用資材として自ら販売する。これらの取組により、農業経営に付加価値を取り込み、経営の改善を図る。 株式会社ディアー・カンパニー 南島原市 農林
15 当社のブランド品である「太陽卵」を使って行う加工食品の開発と販売拡張のための事業 自社で飼育生産した自社ブランドの太陽卵を原料とし、需要者のニーズに合わせて「液卵」を自社で製造・販売していく。需要者の細かいニーズに合わせた液卵を製造することにより差別化を行い、経営改善を図る。 株式会社 落水正商店 雲仙市 農林
16 自家生産の馬鈴薯、さつまいもを使用したボイル食品の開発・加工・販売事業 自社栽培した規格外品や市場価格が低い時期の馬鈴薯、新たに栽培を始めたさつま芋のボイル食品を開発し、地元量販店等への販売とインターネット販売を行う。これにより、農業経営の生産性と付加価値を高め、農業経営の改善を図る。 株式会社 マルニ 雲仙市 農林
17 五島の特産品である椿油を使用した食品、及び化粧品の加工・販売事業 五島の特産品である椿油を使用した食品及び化粧品を製造する。自社での椿の栽培から加工、販売までを一貫体制して行うことで、加工品の収益性と独自性を高め、農業経営の向上と地域の活性化を図る。 合資会社 バンブー 五島市 農林
18 自社栽培した葡萄、桃と地元特産の椿を利用した酒類の製造・販売事業 自社栽培した葡萄、桃と地元特産の椿を利用したワインの製造・販売を行い農業経営の改善を図る。またすべてを地元で作ることで、地域産品として成長発展させ、地元の「島ワイン」としての特産品を目指し地域活性化を図る。 株式会社 五島ワイナリー 五島市 農林
19 高島フルーティトマト加工販売事業 自社で栽培したトマトを斬新なパッケージにより「高島フルーティトマト」の小包装での卸販売していく。低糖度のトマトについては、ジュレ、ピューレを開発、自ら製造し販売していく。これらによる付加価値を経営に取り組み農業経営の改善を図る 崎永海運 株式会社 長崎市 農林
20 地元島原で栽培した生姜、人参等の野菜を使用したスイーツ等の加工・販売事業 自ら生産した生姜や野菜(人参・ほうれん草等)の規格外を利用して、子供から大人までおいしく食べれる新たな菓子(マカロン・シフォンケーキ等)、加工食品(シロップ等)の製造を進め、直売所やインターネット販売を行い農業経営に付加価値を取り込み農業経営改善を図る。 松本 政彦 島原市 農林
21 26 ながさき伝統野菜である「木引かぶ」を利用した商品加工及び販売事業 組合員が生産する「木引かぶ」を使用し「木引かぶ丸ごと漬」、「木引かぶ刻み漬」、「木引かぶドレッシング」を開発・製造する。新商品の販売については、百貨店での催事やマルシェでの対面販売を通じて新たな販売ルートを開拓し組合員の所得向上及び当組合の経営安定化を図る 農事組合法人 ひらど新鮮市場 平戸市 農林
22 真鯛頭部、ハマチ頭部およびとらふぐの加工販売事業 自ら養殖したハマチ、真鯛の頭部及びとらふぐを使い、焼き真鯛かぶと(煮つけ用素材)、ハマチ頭(サイコロカット)(煮つけ用素材)、真鯛かぶと煮(惣菜商品)、鍋用とらふぐ切身を商品開発、製造するとともに、商社や卸問屋の新たな販売ルートを構築することにより、経営の多角化を図り所得の向上と雇用の拡大を図る。 有限会社 新海養魚 五島市 水産
23 27 福祉農園で収穫したアスパラガスを使用した加工食品の開発製造・販売事業 福祉農園で新たに生産するアスパラガスの規格外を用いてピューレの開発・製造し既存の店舗とグループ企業が構築する通信サイトと自店舗で販売を行っていく。この事業は、耕作放棄地を復旧し、農業経営に付加価値を取り込み経営の改善を図る計画。 特定非営利活動法人 障害者就労支援センター 長崎市 農林
24 新品種の味美(みよし)を利用した加工・販売事業 自ら生産している香酸柑橘類の味美(みよし)を使用し、味美しぼり(青、じゅく)、味美ポン酢、味美塩レモンの新たな加工食品の開発・製造を進め、卸販売及びインターネットによる直売を行う。味美(みよし)は新品種であり、他の香酸柑橘類に比べ果皮が薄く滑らかで風味に優れた特性を有することに着目し、生産を開始した。また、メディア取材や市場関係者への贈答や試食により、消費者や市場での青果の品質が認められたことから、本事業により農業経営の生産性と付加価値を高めて農業経営の改善を図る。 川久保 三好 佐世保市 農林
25 「真ダコ」を利用した商品加工及び販売事業 自ら漁獲した真ダコを使用し、真ダコのボイル洋風味(グリーンオイル)、真ダコのボイル和風味(醤油)、真ダコのボイルタコの商品開発・製造をするとともに、既存の販売先に加え新たな販売ルートを開拓することによって経営の多角化を図る。既に加工所「めぐみ屋」を開設し、自ら漁獲した魚類に付加価値を付けた商品開発に取組み始めたところであり、本事業に取組むことにより更なる経営安定化を図る。また、平戸市と連携し販路拡大を一層強化する。 田中 良路 平戸市 水産
26 松浦市の特産品である養殖トラフグを活用した加工品の開発と販売事業 自社の養殖トラフグを用いて、身欠き加工品、トラフグセット、刺身、なべセット、唐揚げの新商品を開発し、製造については委託加工先の漁協水産加工場にて行う。販売は、卸販売及び自社による飲食店への訪問販売営業による直売を行う。本事業により加工と販売ルートの開拓を行い、経営の付加価値を高め、経営改善を図る。 内野水産株式会社 松浦市 水産
27 イチゴを利用した商品の委託加工・販売事業 自ら生産するイチゴの優良品の付加価値を高めるため、B品(下位階級)を用いてイチゴのドライフルーツの新商品を開発する。加工は委託加工であるが息子と他の生産者と販売先のホテルで設立する加工場で行うことにより、新たな販売ルートを構築し農業経営に付加価値を付け経営の改善を図る。 栗原 二雄 南島原市 農林
28 離島における養殖魚「ブリ・ヒラマサ・クロマグロ」を利用した加工・販売事業 自社で養殖するブリ、ヒラマサ、クロマグロを用いて、ブリ、ヒラマサ「フィーレ」加工品及びクロマグロブロック商品を開発・生産することで、輸出を含む新たな販売ルートを構築するとともに、品質面では「秋ぶり」ブランドによる差別化を行い、相場の影響を受けにくい経営を目指す。本事業により、本土にHACCP認定工場を建設することで不利要素であった離島からの流通の改善と、高い衛生基準での加工、養殖魚の安全性を担保する。また、輸出部門を中心とする販売会社とのネットワークを構築し輸出による売上の増加を図る。 有限会社橋口水産 新上五島町 水産
29 五島つばき茶に香りをつけたフレーバータイプの新商品開発と販売事業  自ら生産した茶を原料とする商品「五島つばき茶」にピーチ、ブルーベリーのドライフーズしたものをコーティング加工し、フレーバータイプの新商品開発生産により売上向上を図る。 この事業は、「五島つばき茶」が高機能性を有する発酵茶であることから、女性や中性脂肪を気にする中高年世代をターゲットに販売を展開して行く計画である。 なお、機能性を表示し販売する為に製法特許を持つ関係機関と協議の上、機能性表示申請を行う予定である 農事組合法人 ごとう茶生産組合 五島市 農林
30 長崎県五島における、クエ・ホシガレイ養殖及び加工事業 長崎県の漁業者団体及びその組合員の漁業者がクエやホシガレイを始めとした五島産水産物の販売、加工品の製造・販売を行うことにより、地域産品のブランド化を図るとともに、水産物の付加価値向上を目指す事業。 株式会社五島ライブカンパニー 五島市 水産
31 こんにゃく芋を使用した手作り加工食品の製造、販売事業 自ら及び地域の生産者が生産している「こんにゃく芋」を原料として「手作りこんにゃく」「蒸しこんにゃく」を製造・販売する。製造するこんにゃくについては、柔らかい食感が特徴の「黒木の手作りこんにゃく」として、地元の直売所「よってみゅうかえびねの郷」に加え、周辺地域の直売所でも販売する。この取組により、地域への来訪者を増加させ地域活性化を図ると共に、自らの農業経営の改善を図る。 栗山 秋義 大村市 農林
32 28 自家配合飼料で飼育する肉豚を、自社ブランド豚肉として商品化する加工製造とその商品の販売事業 自社で生産した「肉豚」を原料として「枝肉」「精肉」「精肉加工品」を委託製造し販売する。製造する商品については、「大村日岳豚(おおむらひだけぶた)」のブランド名で販売し、「枝肉」は地元の食品製造業者へ卸売、「精肉」「精肉加工品」については地元のスーパー及び直売所で直売を行う。この取り組みにより増収増益を図り経営改善を進めるとともに、雇用の拡大を図る。 株式会社 上野養豚 大村市 農林
33 生姜の絞り汁残渣を活用した加工・販売事業 自社で生産する生姜を原料として、自社で製造している生姜絞り汁残渣を熱乾燥することで粉末にし、生姜の風味や効能がある、生姜粉末、生姜つばき茶、しょうがジャム、しょうがノンオイルドレッシング、しょうが粉末入り酢味噌、調味粕、調味みそを開発・製造する。販売については、自社売店での直売のほかインターネット販売及び卸売りを行う。この取り組みにより、従来廃棄していた生姜絞り汁残渣等を有効活用することで、所得の向上と雇用の拡大を図る。 株式会社 ヤマシン 諫早市 農林
34 29 新冷凍技術を活用した長期保存可能な原木生椎茸及び椎茸粉末の開発・製造 長崎県対馬市の椎茸生産者とじもと農業者団体が連携し、自ら生産する原木椎茸を冷凍加工・粉末かすることで生産物の付加価値向上、消費拡大を目指す事業 株式会社對馬原木しいたけ 対馬市 農林

TOPへ