活動報告

平成28年度 第9回通常総会開催される!

2016年7月25日

写真  去る7月25日、ホテルセントヒル長崎において第9回通常総会を開催し、事業報告・決算報告、事業計画・収支予算及び役員改選が行われ下記のとおり新役員(理事6名・監事1名)が選任されましたのでご報告いたします。

 代表理事   川 口 義 己 (㈲オランダ屋企画 代表取締役社長)
 副代表理事  川 口 孝 範 (㈲T・N・Cエスコ代表取締役、環境省3R推進マイスター)
 理  事   森 本 敦 夫 (タカラ長運㈱ 専務取締役)
 理  事   岩 吉 正 士 (三井生命保険㈱ 長崎支社長)
 理  事   林 山   寛 (安達㈱ 監査役)
 理  事   城 戸 幸 三 (長崎県信用組合協会 事務局長)
 監  事   江 口 道 信 (長崎県中小企業団体中央会 専務理事)

 総会終了後には、長崎市環境部廃棄物対策課山本課長より「長崎市の廃棄物処分の取組みについて」、長崎大学経済学部准教授山口純哉様より「ソーシャルビジネスの定義・背景・課題」と題して研修会を開催しました。
 これからも会員企業の皆様に役立つ有用な情報提供を心がけて参りますので、関係各位のご協力を宜しくお願い致します。


第8回通常総会開催される!

2015年7月22日

写真  去る7月22日、ホテルセントヒル長崎において第8回通常総会を開催し、事業報告・決算報告、事業計画・収支予算報告について承認されましたのでご報告いたします。
 議案終了後には、本年度第1回理事会で承認を受けた、本クラブの今後の方向性等に関して川口副代表理事より説明がありました。詳細については、
 1.今後も会員の更なる増加に向けた啓発活動を種々の活動を通じて進めていく。
 2.古紙の回収にとどまらない幅の広いリサイクル活動を推進する団体を目指していく。
 3.本クラブの今後の在り方は、将来的には法人化という選択肢も考えつつ、プロジェクトチームを立
   ち上げて検討していく。
という内容となり、川口副代表より質疑応答に対する回答がなされた後、これを議場に諮ったところ拍手をもって承認され、盛会裡に終了することができました。


平成26年度 第7回通常総会開催される!

2014年7月29日

写真  オフィスエコクラブでは、会員の事務所などから排出される事業系古紙(ダンボール、コピー用紙、シュレッダー済紙、雑誌、新聞等)について、単独の事業所では量が少ないためその回収・リサイクルが難しかったものを、共同でルート回収しています。
 会員は、単独で行政回収に出すよりも、廃棄コストを抑えることが出来ることはもとより、焼却処理からリサイクルに回すことで循環型社会の構築にも貢献する事ができ約150社が加入しています。
 去る7月29日、長崎市内のホテルにおいて第7回通常総会を開催し、事業報告・決算報告、事業計画・収支予算及び役員改選が行われ下記のとおり新役員(理事6名・監事1名)が選任されましたのでご報告いたします。

 代表理事   石 橋 洋 志 (オフィスメーション㈱ 代表取締役社長)
 副代表理事  川 口 孝 範 ((NPO法人)環境カウンセリング協会長崎 理 事)
 理  事   森 本 敦 夫 (タカラ長運㈱ 専務取締役)
 理  事   北 村 雄 峰 (三井生命保険株式会社 長崎支社長)
 理  事   林 山   寛 (安達㈱ 取締役執行役員 業務本部総務部長)
 理  事   城 戸 幸 三 (長崎県信用組合協会 事務局長)
 監  事   水 浦   力 (長崎県中小企業団体中央会 専務理事)
写真  総会終了後には、長崎県環境部未来環境推進課より「カーボン・オフセットの活用と県内事例」、九州電力長崎お客様センターより「今夏の電力需給状況と省エネ・節電について」と題して研修会を開催しました。
 これからも会員企業の皆様に役立つ有用な情報提供を心がけて参りますので、関係各位のご協力を宜しくお願い致します。


第6回通常総会開催さる!

2013年7月5日

写真  去る7月5日、ホテルセントヒル長崎おいて第6回通常総会を開催し、事業報告・決算報告、事業計画・収支予算について承認されましたのでご報告いたします。
 総会終了後は、「古紙リサイクルセミナー」と題して、第1部を環境省リサイクル推進室 水信 崇様から『「官民協働」の事業系古紙再生のあり方について-自治体も事業所である-』について、第2部を長崎大学名誉教授 糸山 景大様から「民と官それぞれの役割、協働の役割」についてのご講演を頂き、72名参加のもと盛会裡に終了することができました。


長崎県議会 環境生活委員会が古紙リサイクル処理施設を視察される!

2012年12月17日

写真  去る、平成24年12月17日(月)長崎県議会 環境生活委員会の皆様が古紙リサイクル処理施設を視察されました。
 当日は、外間委員長をはじめとする環境生活委員会の議員11名と県環境部の方々及び議会事務局の方々、総勢16名が(協業)長崎市古紙リサイクル回収機構の小江工場を訪問されました。
 オフィスエコクラブからは、川口副代表理事が出席し、事務局からエコクラブの概況及び取組み状況の説明の後、質疑応答が交わされ活発な意見交換ができました。
 本クラブからは、古紙リサイクル率を向上させるために昨年6月から稼働している機密文書処理施設の活用を強く訴え、議員からは組合組織は営利追求の私企業とは違い、社会貢献も大きな目的の一つ、中小零細企業者の集合体である組合組織を支援する事は必要だという理解あるお言葉を頂きました。
 今後のエコクラブの方針として、機密文書のリサイクル処理量が当初計画に比べて大幅に未達であることを踏まえ、長崎県や長崎市などの行政にも「焼却からリサイクルへの転換」について特段のご配慮をお願いしました。
 その後、環境生活委員会の皆様は、機密文書リサイクル処理施設の現場を視察され、次の視察先へ移動されました。お忙しい中対応いただいた関係者の皆様、この場を借りてお礼申し上げます。


平成24年度 第5回通常総会開催される!

2012年7月30日

写真  オフィスエコクラブとは、会員の事務所などから排出される事業系古紙(ダンボール、コピー用紙、シュレッダー済紙、雑誌、新聞等)について、単独の事業所では量が少ないためその回収・リサイクルが難しかったものを、共同でルート回収するものです。  会員は、単独で行政回収に出すよりも、廃棄コストを抑えることが出来ることはもとより、焼却処理からリサイクルに回すことで循環型社会の構築にも貢献する事ができます。
 去る7月30日、長崎市内のホテルにおいて第5回通常総会を開催し、事業報告・決算報告、事業計画・収支予算、規約改定及び役員改選が行われ下記のとおり新役員(理事6名・監事1名)が選任されましたのでご報告いたします。

  代表理事   石橋 洋志 (オフィスメーション㈱ 代表取締役)
  副代表理事  川口 孝範 (NPO法人)環境カウンセリング協会長崎 理事)
  副代表理事  渡邊 耕治 (安達㈱ 営業企画室長)
   理事    中川 義博 (三井生命保険株式会社 長崎支社長)
   理事    森本 敦夫 (タカラ長運㈱ 専務取締役 管理本部長 経営企画室長兼総務部長)
   理事    塩塚 徹 (長崎県信用組合協会 事務局次長)
   監事    水浦 力 (長崎県中小企業団体中央会 専務理事)

総会終了後には、「今夏の電力需給状況と省エネ・節電の具体的な方策」と題して研修会を開催しました。九州電力株式会社 長崎お客さまセンター 竹内グループ長と江藤副長より、万が一の場合の計画停電とその時の備えについてご説明いただき、省エネ・節電の具体的な方策についても勉強いたしました。