情報連絡員情報
 
中央会の紹介
組合制度の紹介
経営情報
県内組合事例紹介
青年部の紹介
届出様式集(ダウンロード)
リンク

情報連絡員情報
毎月、県下の各業界より48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
計算式:(「増加」「好転」した組合数−「減少」「悪化」した組合数)/有効回答数 × 100
※ただし、在庫数量についてはマイナスの場合には好転、プラスの場合には悪化の方向としています。
天気図マークの基準は次のとおりです。  快晴:30〜10 くもり:10〜△10 雨:△10〜△30 大雨:△30以下
 
1.景況天気図

2 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
2 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌醤油
*2月の醤油出荷量は厳しい状況が続いているが、味噌は回復傾向で前年をオーバーしてきている。しかし、主原料である塩の値上げの申し入れがあり、今でも厳しい収益面の悪化が懸念される。
 
冷凍水産食品加工業
*2月は、一般的に売上が減少すると言われているが、ほぼ例年並みの売上げを確保することができた。2月は寒い日が続き、おでん等の売上げは順調であった。かんぼこ王国では、東京でのPRプロモーションを実施している。
 
麺類
*前年同月比において売上高は減少、収益状況及び資金繰りは共に悪化。
*包装資材のなかで、プラスチック包材や段ボールの値上げ要請がきている。製品の販売価格をいじることができない状況の中で粗利益の圧縮が懸念されるところである。
 
酒類
*課税移出数量は、清酒が前年同月比92.4%、本格焼酎は90.2%、全体では90.8%であった。在庫数量は、清酒が前年同月比99%、本格焼酎は97.1%、全体では97.1%であった。
印刷 印刷
*以前から続く低調な状態が今も継続している。
窯業・土石製品 生コンクリート
*長崎・県北・島原地区の出荷に陰りが見えているようで、11月より前年比で約2割近く落ち込んでいる。
鉄鋼・金属 金属製品製造業
*組合員全体の売上高は前年同月比25%の減収である。タービン関連の工事量が減少しており、先が見えない厳しい受注環境にある。舶用機械製品は堅調に推移しているが価格は厳しい。
その他の製造業 畳製造業
*前年同月比において売上高は減少、収益状況及び資金繰りは共に悪化。
*廃業する組合員が増え、組合存続が心配。事業継続の方策を考える時期だと思っている。
 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売
*2月の青果物も、曇天、異常低温に加え、容赦ない積雪が生育に深刻なダメージを与え、記録的な高値が続く。特にキャベツ、白菜、大根、レタス等は例年に比べ2倍から3倍の売値となった。また、悪天候のため客足も鈍く、売上げ減とともに収益も悪化となる。2月の取扱高は128%となる。
 
鮮魚介販売
*今年もシケ続きで入荷量が少なく、大変な状態である。
 
食肉販売
*当月も降雪の為に小売り面には若干影響が出たようである。しかし、中旬より市内中心部で開催された恒例のイベントに多数の観光客が訪れ、中華を中心に、レストランなど飲食・サービス関連業は繁忙であった。そのため、業界でも業務用卸部門の売上げが、増加傾向で推移していたのだが、原料相場の高止まりにより仕入れ価格が上昇気味で収益面では横這い状態であった。
 
石油販売
*2月の第1週の米国発株価急落を受け、軟調気配を強めていた原油価格については一時的に下落したが、株価回復にともない、原油価格も上昇に転じた。原油価格は引き続き60ドル台の堅調推移で予想されており、販売価格も現状維持の模様。
商店街 大村市
*当商店街は空き店舗が目立つようになった。通行量や売上等は前年とあまり変わらないようですが、景気は悪くなったように感じる。
 
島原市
*先月、島原鉄道が政府系ファンドの支援のもと長崎自動車(株)の傘下となり、新しい役員も決まった。以前の島原鉄道は、イオンの撤退か建て替えか等存続に影響があり、商店街連盟などは、イオンの存続によりまちづくりを兼ねて期待をしていただけに今後の推移がどうなるかという状況だった。
サービス業 旅館業
*年が明けて人の出入りが多いようだ。自衛隊関係者の動きがある。
 
旅館業
*9月以降、前年度より売上げ、宿泊者数とも下回る状態が続いているが、今月は先月までと比較すると多少の好転が感じられる数字であった。しかしながらここ数年間の同月と比較すると、変わらず厳しい数字となっている。
 
飲食業
*ランタンフェスティバルが2月中の回数として昨年より2回多く、且つ人出も昨年より多いことから前年比10%〜20%プラス。今年もランタンフェスティバル期間中の土日に中国人観光客(客船)が入ってきており、通行の妨げとなっている。
建設業 建設業
*下請け専門業者の高齢化及び不足により、工事に適切な人員確保が出来ず工期に影響が出ている。労務費単価は上昇している一方で、若手技能者のため生産性が低下しており相反している。
運輸業 運送業
*2月は年度末に近づき、売上げは上昇した。しかし、軽油上昇で収益は悪化した。厳しい状況が続いている。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End
サイトマップ お問合せ プライバシーポリシー