情報連絡員情報
 
中央会の紹介
組合制度の紹介
経営情報
県内組合事例紹介
青年部の紹介
届出様式集(ダウンロード)
リンク

情報連絡員情報
毎月、県下の各業界より48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
計算式:(「増加」「好転」した組合数−「減少」「悪化」した組合数)/有効回答数 × 100
※ただし、在庫数量についてはマイナスの場合には好転、プラスの場合には悪化の方向としています。
天気図マークの基準は次のとおりです。  快晴:30〜10 くもり:10〜△10 雨:△10〜△30 大雨:△30以下
 
1.景況天気図

7 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
7 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌醤油
*7月は売上高及び収益面の厳しい状況に変化はないが、前年オーバーや前年並みを維持している企業もあり、組合員全体の売上げ、収益面の回復が望まれる。
 
冷凍水産食品加工業
*7月の売上げは、前年比7%と増加した。前年は、熊本地震の影響で、販売が落ち込んでいたが、やや回復した。原料冷凍すり身の価格は、前年比95%とやや低下傾向にある。
 
麺類
*ギフト商戦の出遅れにより、売上げは前年比減少した。先月末、組合員の1社が閉店した。後継者の問題が課題である。
 
酒類
*課税移出数量は、清酒が前年同月比96%、本格焼酎は95%、全体では95.2%であった。在庫数量は、清酒が前年同月比94.8%、本格焼酎は94.4%、全体では94.5%であった。
印刷 印刷
*長期低落が続いているなかで、例年の夏枯れが始まり、ますます厳しい状況となった。
窯業・土石製品 生コンクリート
*コンクリート技士・主任技士が今後不足することが予測されるため、先ず技士・主任技士を育成する講師を養成することとした。
鉄鋼・金属 金属製品製造業
*仕事量は、組合員によりバラツキがあるものの、全体的には売上高で前年同期より若干増加している。ボイラ関連部品及び舶用製品(舵取機)等は堅調に推移している。県外客先からの給油装置等の引き合いも少ない。7月に人材育成事業として、「現場のリーダー」の合宿研修を実施した。
 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*組合員40社の内、6月の売上げが前年比増加した先は18社、不変は2社、減少した先は20社となった。建設資材販売は良好だが、食品卸、雑貨卸、繊維卸の減少が目立つ。組合員合計では前年比増となっている。
小売業 青果物販売
*「干ばつに不作なし」の文字通り、青果物においては好天に恵まれ、順調な入荷となり、大幅な単価安となる。また、果実類も夜温が高いため、なかなか糖度がのらず、相場安に。重ねて、日中の気温が高いため客足も伸び悩み、収益状況も悪化をたどる。取扱高は、昨対比66%。大幅な減少となる。8月のお盆の繁忙期に期待したい。
 
鮮魚介販売
*今年は非常に暑い夏場になり、食中毒の発生が多発する時期である夏場は販売が減り、収益も減少した。
 
食肉販売
*当月も引き続き、空梅雨が続き、気温、温度共に上昇傾向の中、消費者の購買意欲も削がれるのか、来店時間が遅くなってきたり、客単価も減少気味であった。加えてこの時期は、原料事情も同様に全国的に出荷頭数が減少することもあり、仕入れ価格が押し上げられ、収益面でも悪化してくる。しかしながら、下旬以降は、業務用関係の需要をはじめ、一般の消費も次第に回復傾向に向かい、売上面でも収益面でもアベレージがとれてくるのが当月のだいたいの流れであるようだ。
 
石油販売
*原油市況は、非OPEC国の増産などで軟調続きであるが、為替相場の円安ドル高の進展で原油コスト上昇。それに伴い、元売り仕切り価格が上昇するも、需要減に伴う価格競争は激しく、価格転嫁の難しい状況にあり、収益の厳しさは持続。
商店街 佐世保市
*前年期に比べボーナス支給月にも関わらず、売上げが伸び悩みの状況。消費者の買い控えやネット購入等が原因ではないかと推測されるが、市内企業等で一部ボーナス不支給等の情報もあり、好調な景気とは考えられない。懸念されていた空き店舗等については、新規参入事業者による出店が決定するなどして、9月末迄には、ほぼ前年同数店舗程度には回復の兆しが見えてきたことが好転材料である。イベントにおいて東京渋谷センター商店街、渋谷区観光協会の協力による7月23日に開催した「ZENRYOKU50」が広く好評であった。
 
大村市
*今年は前年度より、売上、収益、資金繰りの全てにおいて悪化しているようだ。特に食品関係は落ち込みがひどいようで、雇用を減らしたりしているようだ。
 
島原市
*5月末にオープンしたディスカウントショップ「スーパーキッド」の相乗効果を7月も期待していたが、平常に戻りつつある。夏休みに入ってから商店街恒例の土曜夜市が始まり、7月は2回とも例年と変わらず沢山のお客様に来店して頂いた。
サービス業 旅館業
*7月は豪雨の影響もあるのか、観光客、ビジネス客共に減少。
 
旅館業
*昨年同月は熊本地震の影響で売上げが減少したが、今年は昨年以前の同月と比べても引けを取らないくらいの売上げ高であった。
 
飲食業
*料理店、物販店共に前年並みを確保。前年実施の「ふっこう割」が、特段恩恵があったということはないので、低位での景況感推移となっている。夏休みに入っても7月はほとんど人の動きがみられない。
建設業 建設業
*民間建築工事の新規物件があるが、厳しい予算の上に、専門工不足による労務費高騰や資機材価格の上昇が懸念される中、応札できない状況である。
運輸業 運送業
*7月も青果物が終わり、売上が減少した。人員不足が深刻で、売上もその分減少している。厳しい状況が続いている。
 
貨物運送業
*運輸業界も土木関係の仕事が好調でダンプ車の動きが活発。油の価格も今の所安定している。最近の自然災害の発生で、その復興に車輌が必要で、運転者が他県に出向き運転者不足になっている。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End
サイトマップ お問合せ プライバシーポリシー