情報連絡員情報
 
中央会の紹介
組合制度の紹介
経営情報
県内組合事例紹介
青年部の紹介
届出様式集(ダウンロード)
リンク

情報連絡員情報
毎月、県下の各業界より48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
計算式:(「増加」「好転」した組合数−「減少」「悪化」した組合数)/有効回答数 × 100
※ただし、在庫数量についてはマイナスの場合には好転、プラスの場合には悪化の方向としています。
天気図マークの基準は次のとおりです。  快晴:30〜10 くもり:10〜△10 雨:△10〜△30 大雨:△30以下
 
1.景況天気図

3 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
3 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌醤油
*3月は売上高を増加させた企業もあるが、組合全体としての状況は好転していない。消費量が減少する中での活路は、新たな需要の開拓への取り組みである。
 
水産加工品製造業
*水産加工業者は加工原料の水揚げが少なく、脂ののった鯖や鯵が前年ほとんど取れなかったため、原料確保に困っている。また、3月は前年多く獲れたブリの水揚げが今年は少なく、価格も高くなっている。それに加え、作業員の確保が困難となって生産能力も落ちており、受注に十分対応することが難しくなっている。
 
冷凍水産食品加工業
*冷凍すり身の価格は、ほぼ前年並みに推移している。練り製品の販売数量としては、前年比でやや上昇傾向が見られた。消費の拡大に向けて、PR活動を更に強化していく計画である。
 
麺類
*前年同月と比べ組合員数は減少傾向にある。組合員としての存在する価値が問われている面もある。
 
酒類
*課税移出数量は、清酒が前年同月比101%、本格焼酎は99.5%、全体では100%であった。在庫数量は、清酒が前年同月比106.6%、本格焼酎は102.7%、全体では103.2%であった。
印刷 印刷
*厳しい状況が長らく続いているが、今後に明るい兆しもなかなか見えない状況である。
窯業・土石製品 生コンクリート
*平成27年度は前年比97.1%の実績となった。長崎地区は前年比15%アップの出荷実績となったが、離島地区は前年比70%にも至っておらず、非常に厳しい状況となった。
鉄鋼・金属 金属製品製造業
*平成27年度組合員全体の売上高は、組合員によりバラツキがあるものの、ほぼ前年度横這いで推移した。主として舶用機械製品及び、蒸気タービンのブレード、ボイラ部品等堅調に推移した。平成28年度上半期は、若干低操業で推移すると予測をしている。
輸送機器 輸送機器
*高操業が続いており、各社平日の残業、休日の出勤で対応している。
 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売
*3月は葉物や果菜類は比較的順調な入荷となるが、1月の大雪、異常低温の影響で鹿児島県産の新じゃが芋が大きな被害を受け、高値が続く。また、例年安くなるはずの北海道産のじゃが芋も引き合いが強くなり、品薄状態に。4月から本格的に出回るつわ、筍などの季節商材に期待したい。取扱高は前年比110%であった。
 
鮮魚介販売
*月夜間とシケで入荷量が少なかった。月末はブリの豊漁で多い月であった。
 
食肉販売
*当月は売り上げ的にやや低調であった。従前であれば、時期的に増加傾向であるのだが、前月の影響がいくらかあったのか結果は良くなった。一方利益面では、年明けからの原料相場の落ち着きから、仕入れの方が順調で予算クリアといったところ。その中でも、組合員の一番の話題は、求人の問題である。各方面の求人に対して応募者が全くなく、時期的なこともあろうが、今までにないことで、人手不足が益々深刻になりつつある。
 
鼈甲製品販売
*2月は対前年比111.75%と売上は増加したが、利益率は低下。
 
石油販売
*原油価格も徐々に上昇。製品についても、元売仕切価格の値上げに伴い小売りも値上げの動き。
商店街 佐世保市
*進学、就職、転勤等の転出による定住人口の減少や、少子化の影響によるものなのか、前年より購買力が下降している様子。懸案であった空き店舗についても、3月までに1店舗オープン。4月に2店舗のオープンに漕ぎ着き、その他も10月までにはオープン予定にて契約進行中となり、ようやく前年度初めの数を上回った。
 
大村市
*3/25浜屋跡の2階に公共施設が入居。それだけで通行量が微増した。職員の完全常駐が望まれる。
 
島原市
*3月は春恒例の島原初市が開催された。天候は良かったが、移動商業者のイメージがあり、昔の賑わいは無いようだ。また、島原城下ひなめぐりは、最終日である6日に人間ひな行列があり、商店街が少しずつ賑わってきた。4月からの新年度に向けて、島原鉄道と協力して観光客の商店街への流入を考えたり、「ゆとろぎの湯」指定管理者となるので、新たな商店街の方向性など青年部を中心に積極的に数多くの会議や準備を行った。
サービス業 旅館業
*人手不足。募集をかけてもなかなか集まらない。
 
飲食業
*ランタン期間が前年は5日間あったため、前年比では大幅なマイナス。3月前半は大学生の卒業旅行が多く見られたが、3連休以降の春休みシーズンは、前年よりも人出が減っている。料理店は団体客増で、堅調に推移しているが、相変わらず物販は厳しい状況。
建設業 建設業
*公共工事量が減少している中で、相変わらず設計価格と実勢価格の乖離が激しい。そういった状況下で、さらに追い打ちをかけた受注競争により、適正な利益確保が難しい状況である。喫緊の課題である人手不足よりも、公共工事量の減少の方が深刻である。
運輸業 運送業
*3月もなかなか売り上げが伸びなかった。特に鉄鋼関係が減少したようだ。軽油が少し上昇してきた。厳しい状況が続いている。
 
貨物運送業
*年度末で各企業活気があり、それに応じた車両の動きが好調である。特に新幹線建設のトンネル工事や、取り付け道路の工事でダンプ車等の動きが多くなっている。油価格も一応値下げのままで毎月変わらず安定しているが、価格の値上がりをスタンドも言ってきそうな気配がある。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End
サイトマップ お問合せ プライバシーポリシー