情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

12 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
12 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌醤油
*12月の売上高は、全体的にはまだまだ厳しい状況が続いているが、前年オーバーや前年並みを維持している企業もある。調味料の多様化、人口減少や少子高齢化等で1人当たりの使用量が減少する中で、売上数量や収益面の回復に向けての取り組みが24年の大きな課題である。
 
水産加工品製造業
*東日本震災の影響で、水産品への需要は安定しており、加工業者の生産は増加している。しかし、水揚げが横ばいの中で、サバの不漁による魚価の上昇、又、放射能汚染の心配などから西日本の魚の取引増で魚価が高値安定しており、加工業者の収益面は厳しくなってきている。
 
酒類
*課税移出数量は、清酒が前年同月比98.1%、本格焼酎は86.9%、全体では90.0%であった。在庫数量は、清酒が前年同月比93.7%、本格焼酎は103.9%、全体では102.5%であった。
繊維・同製品 衣類
*小売不振による生産調整により受注減。
 
繊維製品製造業
*売掛金回収が悪化している。
印刷 印刷
*例年の年末の需要もあまりなく、売上高減少の厳しい状況が続いている。
窯業・土石製品 セメント
*仕事は天気が続いたため順調に施工できた。
 
生コンクリート
*官公需の出荷実績が、新幹線・国体関連の需要があるにもかかわらず、ここ5年間で最低出荷となっている。官公需主体の離島地区は非常に厳しい状況となっている。
鉄鋼・金属 金属製品製造業
*受注環境、採算とも厳しい状況である。ただし一部の組合員は震災復興関連の工事の受注が確定している。
一般機器 一般機器
*短納期機械加工品の見積及び受注が増加傾向。ただし価格が厳しい。
その他製造業 畳製造業
*景気は良くなりそうな気配を感じるが、畳表の価格が上がっている(東北の仮設住宅の影響か?)

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 電気器具販売
*売上が伸びず先が見えない。
 
青果物販売
*H23/12月期分の野菜・果物の取扱高は、前年同月比108.7%であった。これは月間を通し野菜・果物が冷え込みで高値で推移し取扱高が上昇したもので、決して歳末商戦が盛り上がった訳ではない。今期、前年同月を上回ったのはやっと2回目という有様で、累計では依然として前年比93.7%と大幅に下回っている。
 
食肉販売
*前半は相変わらず業界を取り巻く諸問題の影響が残っており低調であったが、後半にかけて小売りも業務卸も人の動きに連れ少しづつ動き出した。特にどうなるこやらと心配をしていた年末が、蓋を開けてみると前年を上回る実績を上げた組合員も多かったようである。毎年のことではあるが、通常では売上比率の低い単価的に高額な商品が特によく動いたということであった。しかしながら、通期での売上増と迄はいかなかったようで、その反動が既に懸念されている。
 
鼈甲製品販売
*前年同月比106.72%。
 
石油販売
*需要不振により業者間の価格競争激化。利幅縮小傾向が続いており一段と厳しい状況にて推移。
商店街 佐世保市
*12/10〜12/25まで抽選券付売り出しを実施したが、各加盟店の発券は前年度並み、一部若干減少した。
*1景況は引き続き厳しい状況である。
 
島原市
*空き店舗を利用しての「島商ップ」高校生の店は12/24で23年度は終了。「子育て支援」「街のおやすみ処」は24年3月までの予定。
*今年はアーケードの屋根工事を行いましたが、来年はエレナ撤退で商店街として一層の努力が必要かと思われる。
*2月には照明灯の工事を控えている。ハード面が綺麗になっても中身が問題であって、商店街全体がお客様から信頼を得て繁栄する商店街を築きたいと考える。
サービス業 自動車整備
*高額商品購買力の低下。
 
旅館業
*12月売上は対前年同月比6%の増加。昨年はクリスマスに降った雪が正月まで残り、年末年始の予約がキャンセルになった。今年は年末年始の日並びが悪かったので、昨年よりは良かったけれど予想より数字は伸びなかった。
 
飲食業
*忘年会の件数、単価ともに減った上に、一般客減もあり、前年比5〜10%ダウン。
*新年会の予約件数も前年比減で推移。
建設業 建設業
*震災復興に伴う影響が徐々に出始めていて、建設技能者不足や建設資材を発注しても物によっては2〜3カ月先の納品になるものもある。
*整備新幹線の諫早ー長崎間の年度内着工決定で長崎駅周辺整備などの工事が期待される。
運輸業 運送業
*12月に入って少し仕事量は増えてきたが、例年には及ばないようだ。売上があがっても経費(軽油費等)が上昇しているため損益は上がってこない。厳しい状況が続きそうだ。
 
運送業
*前年同月期と比べれば、東北方面行の荷が増えてきた。復興の計画が本格的に整ってきたためか。仕事量の増加する事は有難いものだか、油の価格が高いままで運送費に対しての比率が多く苦しい現実が続いている
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End