情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

12 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
12 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*12月の売上高は全体的にはまだまだ厳しい状況が続いているが、前年オーバーや前年並みを維持している企業もある。調味料の多様化、人口減少や少子高齢化等で1人当たりの使用料が減少する中で、売上数量や収益面の回復に向けての取り組みが23年の全体的な課題である。
 
食料品(水産加工品製造業)
*冷蔵庫関係は小型サバの入荷が多く忙しかった。加工関係は、加工用サバの入荷が少なく価格も値上がりして大変だった。販売は消費低迷で売上が減少と価格低下で厳しかった。
 
食料品(漬物)
*今月になり浅漬部門の主要原菜(大根、白菜、カブ等)が安値で安定したため部門収益は増加となったが、総売上高が減少となり業績を好転するに至らなかった。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、清酒が前年同月比91.6%、本格焼酎は92.4%、全体では92.2%であった。在庫数量は、清酒が前年同月比92.4%、本格焼酎は102.4%、全体では100.9%であった。
印刷 印刷
*悪い状況の中ではあるが、先月に比べると例年通り量が微増したようである。
窯業・土石製品 窯業・土石製品(陶磁器)
*石油製品の価格高騰で、ガス価格も高騰して収益を圧迫している。
 
窯業・土石製品(セメント)
*売上は前年比11.7%増。今のところ横ばいの状況。
 
窯業・土石製品(生コンクリート)
*第3四半期を終えて、前年対比87.1%と出荷状況は非常に悪く今後も回復が望めない状況。
鉄鋼・金属 鉄鋼・金属(金属製品製造業)
*特に好転の材料がなく厳しい状況が続いている。平成22年度年頭初、この1年が正念場だと言っていたが、先行き回復の兆しもなく、平成23年度が正に正念場を向かえる事になる。
一般機器 一般機器
*昨年は厳しい一年を何とか乗り越えたが今年はもうその余力は残っていない。生き残りの道はただただ景気回復に期待するしかない。
 
一般機器
*経営上の懸念として、円高に振れており、受注の停滞、同業者間の競争激化等、新年を迎えても厳しい状況が予測される。
輸送機器 輸送機器
*不況の影響の深刻さが増している。人件費対策を実施しているところも出てきた。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*組合員46社の単月の総売上高は平成20年8月から毎月前年同月比減少をしていたが、平成22年10月の単月の売上高は前年同月比100%となり、同11月は同104%となった。食品卸、機械部品卸、繊維卸、雑貨卸全ての部会が増加した。このまま継続できるよう支援していきたい。
小売業 小売業(電気器具販売)
*家電エコポイントに関連する製品の荷動きは過去にはなかったもので在庫手当てが思うように出来ずお客様のご希望商品の納入が出来なかった。11月の売り残しを12月にもってきた例が多くあった。
 
小売業(青果物販売)
*H22.12月期分の青果物取扱高は前年同月比97.7%であった。歳末にかけて、玉ねぎ、トマト、きゅうり、みかん等高値であったが、年々盛り上がりを欠いている歳末商戦のため、取扱高の上昇とはいかなかった。前期比112.1%と依然として高水準である。
*長崎市場のブランド品として、昨年より「ながさき甘姫みかん」と銘打って、今年も11月下旬から12月中旬まで期間限定で販売をした。ある程度定着をしたのだろう。好調な取扱であった。委員会による新ブランド品の開発が楽しみである。
 
小売業(鮮魚介販売)
*歳末の販売増を期待したが、シケ続きで入符重が少なく、31日の大雪で客足も少なく、販売量が増えなかった。
 
小売業(食肉販売)
*12月期の業況がどう動いて行くのか、ここ数年不況を抱えながらもそれなりには結果は出ていた。やはり平月とは違う年末ならではの特別な事情が大きく影響しているからである。しかしながら本年はいささか異なった動きに終始し、非常に単調であった。例年の12月らしさは影をひそめ、中間過迄は平月と大差なく歳末セールだけが僅かに目立った程度である。しかも、天候にも大きく左右され、業界全体が売上、利益共にかなり予算を下回ったようだ。非常に厳しい一年であった。
 
小売業(鼈甲製品販売)
*売上高は前年同月比76.07%となった。
 
小売業(石油販売)
*原油相場が騰勢傾向、仕切値上げの連続で小売転嫁不足発生し収益は一段と低下しており、体力の消耗は激しい。
商店街 商店街(佐世保市)
*11月18日(木)〜12月25日(土)まできらきらフェスティバルを実施し、商店街の活性化を図った。来訪者は前年並みであった。
*12月11日(土)〜26日(日)まで抽選券付売出しを実施した。抽選券の発行から類推して販売は厳しい状況が継続しているものと判断している。
 
商店街(島原市)
*商店街全体の消費者の動向(通り)としては、今年は少なく景気も良いとは決して言えないようだ。
*一番街・島商ップ12月25日をもって今年度は終了。学校全体の「研究課題発表会」も無事終了し、来年4月以降の募集次第で島商ップのオープンが決まる予定。
*12月11日より16日まで、ビジーホール映画館において映画祭を開催。12本の映画を500円で見放題として商店街にお客の導入を図り、それなりの成果はあった。
サービス業 サービス業(自動車整備)
*鈑金塗装部門だけは前年より伸びた。
 
サービス業(旅館業)
*販売価格の低迷が企業経営を圧迫している。
 
サービス業(飲食業)
*12月は忘年会シーズンであったが宴会需要が減っており前年比5〜10%ダウン。
*相変わらず客単価の下落傾向が続き歯止めがかからない状態。
建設業 建設業
*組合員は、公共工事の大幅な減少と地方経済低迷の影響をまともに受けた大変厳しい経営環境であった。2010年度補正予算を早期に執行してもらいたいのは実情であるが、それは一時しのぎであり、地方経済浮揚の大きな原動力となる建設業界に対する真の政策・制度の見直しを早急に実施してもらいたい。
運輸業 運送業
*例年に比べて仕事量が少なく売上減少。軽油は上昇し経費は上昇。したがって収益悪化。この時期このような状況では厳しい状態である。
 
貨物運送業
*前年同期も同じ様な動きで年末にかけて車の動き、荷物の動きは増加するので売上増となるが、油代の値上げも言ってくる。横ばい状態の油の価格が大幅に値上げとなり思う様な資金の留保はできないので経営は相変わらず苦しい。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End