情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

7 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
7 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*7月は売上高が前年をオーバーした企業も一部にあったが、全体的に売上、収益面共に厳しい状況が続いている。景気回復による消費需要のアップが望まれる。
 
食料品(水産加工品製造業)
*前年少なかったアジ等の水揚げが少しづつ増えてきて冷蔵庫は操業率が向上した。しかし、加工場は消費が低迷している上、赤物の水揚げが無かったため、生産と売上は減少した。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比96%、本格焼酎は100%、全体では99.1%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比91%、本格焼酎は105.9%、全体では103%であった。
繊維・同製品 繊維・同製品(衣類)
*小売店の不振から受注が減少し売上減となっている。
 
繊維・同製品(繊維製品製造業)
*取引先の廃業、倒産が止まらない状況である。
印刷 印刷
*依然厳しい状況が続いている。
窯業・土石製品 窯業・土石製品(セメント)
*前年より売上は増加したが、6月の雨の為、施工できなかった分が、7月に持ち越されたため増加した。利益率は低下している。
 
窯業・土石製品(生コンクリート)
*生コンクリートの出荷につながる物件の発注が少なく、4月からの累計出荷数量は前年比90%で依然として低迷した状態が続くものと想定される。
鉄鋼・金属 鉄鋼・金属(金属製品製造業)
*全体の売上高は前年同期比(第一四半期)△30%と落ち込み厳しい状況。受注環境も好転の兆しなし。何処へ行っても仕事が無い。
*売上減少により組合員の資金繰りが厳しくなってきた。
一般機器 一般機器
*売上、利益とも最悪。景気回復まで体力が続くのかコメントのしようがない。
 
一般機器
*経営上の問題はあい変わらず、売上の減少 5社 同業者間の競争激化 4社 製品の値下げ要請 3社等 マーケットの縮小が要因となっている。大手は順次改善されつつあるが、中小企業は未だ改善できない。
輸送機器 輸送機器
*新聞紙面には景気回復「40%の企業から回答あり」と見出しが躍っているが、長崎県は別世界、取り残されているのではないか(製造業)。関係者からの話ではますますこれから悪化するとの観測が多い。造船城下町の崩壊も現実味を帯びてきているのでは。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(電気器具販売)
*7月は長雨で湿気取り器具が売れた。その後天気は一転熱暑に、エアコンの一部に品不足が出始めた。薄型テレビも同じく希望商品の納入が出来ず、組合へもメーカーに対する苦情が寄せられた。エコポイントと熱暑が売上に貢献した。
 
小売業(青果物販売)
*H22.7月期分の青果物取扱高は、前年同月比126.7%、前期比(4〜7月)110.9%と上昇した。これは梅雨末期に局地的ではあったが記録的な大雨、梅雨明けと同時に猛暑日の連続、激変の天候は野菜、果物の出荷に多大な影響を与え、大雨と猛暑により野菜がくさったり、成育不良になったため出荷が品薄になり、青果物の価格が総じて上昇したためである。この傾向は、8月中旬まで続くものと見込まれる。
 
小売業(鮮魚介販売)
*入荷量がたいへん少なく厳しい月であった。
 
小売業(食肉販売)
*口蹄疫の直接的影響は危惧していたほど顕著なものもなかったのだが、例年であれば焼き肉シーズン到来ということで焼き肉商材の消費拡大が期待されていたが非常に低調であった。肉食志向といわれて久しいが消費者の財布のひもはまだまだ固いようである。専門小売店、スーパー量販店共に昨対クリアの声は聞こえてこない。原料価格などは早目に上昇してきて利益を圧迫しているが、一時的なもので売価修正までには至っていない。加えて、飲食店等への業務用卸についても同様である。
 
小売業(鼈甲製品販売)
*売上高は前年同月比96.38%となった。
 
小売業(石油販売)
*県外の量販業者の参入により価格競争激化。市況の低下を招き地場業者の経営が悪化している。
 
小売業(木材販売)
*7月の末頃から照会の件数も若干増えてきている。
商店街 商店街(佐世保市)
*7月23日からサマーセールを開催。抽選券の発券から判断し、厳しい景況が続いているものと判断される。
 
商店街(島原市)
*商店街の中に市と協力して「まちなか子育てステーション」を7/24オープンした。子育ての相談など評判が良い。
*7/24より恒例の土曜夜市を開催。観光協会と「ゆかたまつり」、商工青年部と「おばけ屋敷」、FMしまばらと「実況サテライト」など他団体との協力で盛り上げている。
*8/14お盆であるが一番街の青年部が帰省客に昔の夜市を体験してもらいたいという事で実施することになった。
サービス業 サービス業(自動車整備)
*新車は補助金のおかげで好調。ただし、中古車は長期在庫に。
*車検台数、鈑金塗装台数減。
 
サービス業(旅館業)
*需要の減少及び販売価格の低下により収益状況は悪化を続けている。更なる経費の節約に向かうものと予想される。総合的な需要の創出及びデフレ対策が望まれている。
 
サービス業(旅館業)
*7月売上は対前年同月比96.5%、金額で165万の減少。猛暑の続く毎日で観光客が動かない、お盆前後の予約も空室があり、8月も厳しい状況。
 
サービス業(飲食業)
*3連休は例年通りであったが、大雨、猛暑と天候の影響か平日が大幅に落ち込み、前年比10%超のダウン。
*龍馬伝の長崎編後も、大きな影響は今のところ見られない。
建設業 建設業
*組合員への影響が大きい公共事業費は、前年度比18.3%減と過去最大の下げ幅である。その中、長崎県においては、前年度並みの建設事業費を確保しているとのことですが、直接公共工事発注に結びつくとは考えていない。公共事業の減少に加え、景気低迷に伴う民間設備投資の減少とますます厳しい状況にさらされている。
運輸業 運送業
*7月は雨が多く土木関係の仕事(ダンプ等)がなく売上が減少した。その他の仕事もなかなか増えてこない。夏場は例年仕事が減少するので厳しい状況が続きそうだ。
 
運送業
*燃料価格の変動が落ち着いた様だがちょっと高めで止まっている。荷物の動きは若干動き出しているが、青果物はあまりの暑さで生産が減少し動きが悪い。又、新しく住宅等建物関係が建たないので建築資材の出荷が少なく車の動きが悪い。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End