情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

4 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
4 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*大手量販店を始めとして、一般小売店の売上が厳しい中、基礎調味料としての醤油、味噌も同様な状況が続いている。人口減や少子高齢化等で使用量が減少する中、量的拡大が望めず、新商品及び高付加価値商品による需要の開拓が急務である。
 
食料品(水産加工品製造業)
*平成21年度は平成20年度に比べ、魚市場の水揚げが20%減少し、水産加工業は原料確保と製品価格の低下で大変厳しかった。今年4月になって前年比初めて水揚げが増え、ブリの入荷が多くあったので加工場も少しであるが稼働率が高くなった。(前年比108%)
 
食料品(漬物)
*天候不良により春物の原菜が高騰したため、浅漬部門が前年同月比に対し収益を悪化させた。5月の好天に業界は期待を寄せています。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比100.1%、本格焼酎は104.3%、全体では103.4%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比101.8%、本格焼酎は103.7%、全体では103.4%であった。
繊維・同製品 繊維・同製品(衣類)
*取引先の販売不振により受注量が減量した。
 
繊維・同製品(繊維製品製造業)
*売上高は多少増加したものの、納期が厳しく残業に頼る状況なので利益が残らない。
*人材は研修生に頼っているので、7月からの新制度での不安が大きい。
印刷 印刷
*全体的には依然として厳しい状況が続いている。
窯業・土石製品 窯業・土石製品(セメント)
*前年とほぼ変わりはないが、相変わらず収益は低下し、又、新築は望めず、まだ先行き不安です。取引条件が前年より一段と悪くなっています。
 
窯業・土石製品(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比84.4%と激減しており、民主党政権による建設投資への抑制から出荷数量は望めず、今後も厳しい状況が続くものと思われる。
鉄鋼・金属 鉄鋼・金属(金属製品製造業)
*組合員全体の売上高は対前年度比△20%減少、又、22年度は更に仕事量の減少を懸念している。収益は仕事量の減少に加え20〜35%のコストダウンにより、収益悪化はさけられない。
*中小企業緊急雇用安定助成金の申請を1社が行い、4月より月2日間の需給を開始する。
一般機器 一般機器
*相変わらず売上、利益は伸びるところか減少している。仕事量が大幅に減った上にコスト面での競合が厳しく、海外に流出しているのが現状だ。零細企業による鉄工製造への先行きも期待できず、業種転換を考えている組合員も多い。
 
一般機器
*鋼材価格4月より約10%近く値上げ、利益確保がさらに厳しくなる。この為、先納期物件見積の算出がしづらい。
輸送機器 輸送機器
*取引先が昨年9月以降一隻も受注していないと聞く。現在、進行中の商談が決まっても外注関係の仕事は1.5年〜2年先のことになる。構内業者で2次、3次業者に対してはリストラが始まっているとのこと。
その他製造業 その他製造業(畳製造業)
*公共事業の入札における見積単価も下がっているようだ。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(卸売業)
*売上は全組合員総合計では減少しているが、一部組合員の中には売上増加が継続している企業もある。インターネット販売で好調の様である。
 
小売業(電気器具販売)
*3月期のエコポイント利用売上増加の反動と4月からのエコポイント対象商品、特にデジタルテレビの買い替えが落ち込んだ。対象商品数の減少もある。
 
小売業(青果物 販売)
*寒冷のジグザグ異常気象により、成果物の成育が遅れ、総じて野菜の高値となったため、H22.4月期分の青果物の取扱高は前年同月比110.9%となったが、決して、消費が向上したものでははい。
*市場活性化のため、昨年の”甘姫みかん”に続き、第2弾として”あい丸”−飯盛産のじゃがいも「アイユタカ」−と銘打って、市場ブランド化することに決定した。5月10日より約1カ月登録販売店で取り扱うことになった。
 
小売業(鮮魚介 販売)
*輸入品の高騰、天候不順による入荷減少で大変厳しい月であった。
 
小売業(食肉販売)
*売上、利益は相変わらず低迷し、なだらかではあるがズルズルと右肩下がりが続いている。逆に、仕入価格の方は小幅ではあるが右肩上がり状況だ。この消費不振の中、上昇分の売価への転嫁もままならず、じっとしているというところが大方の実情であろう。加えて、他県で発生した家畜伝染病により、生産者のように直接的な影響は今のところないが、業界に体力がないだけに、今後の如何によっては大きなダメージを受ける恐れもあり大変不安である。
 
小売業(鼈甲製品販売)
*売上高は前年同月比96.6%となった。
 
小売業(石油販売)
*原油価格の上昇、円安により、元売仕切上昇。小売業者は販売競争による価格転嫁が遅れぎみ、収益状況は厳しい。
商店街 商店街(佐世保市)
*景気の先行不透明で消費者の財布の紐は堅い。商品の単価の低減、売上数量の減少等、販売額は減少し、厳しい状況が継続している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
サービス業 サービス業(自動車整備)
*必要最小限での車検を希望する割合が多く、関係消耗部品用品の販売が低迷している。
 
サービス業(旅館業)
*需要不足による価格競争、WEB経由予約比率の増加に伴う手数料支出の増加、市水道料金の値上げ等により、経営状況は悪化している。この状況が長引けば雇用にも悪影響が及ぶと考えている。
 
サービス業(旅館業)
*4月売上は対前年同月比102%で17カ月ぶりにプラスとなった。5月の宿泊もGWの天気が良かった為、昨年の数字を上回る予想で、状況としては底を打ったと期待したい。
 
サービス業(飲食業)
*春休み後の平日の落ち込みが大きく、前年比5〜8%ダウン。相変わらず客単価の下落基調が続く。GWに期待するしかない。
建設業 建設業
*政府は大型公共工事の見直しを積極的に進めており、民間投資も冷え込んでいることから、夏場以降の建設業の先行きは非常に厳しいという見方が強い。
*現状は、景気対応緊急保証や前倒し発注の継続、返済猶予などにより懸念される倒産は沈静化している。
*今後の金融機関の貸出姿勢にミスマッチが生じると、返済猶予は一時的な資金繰緩和にとどまり、企業倒産は増勢に転じる可能性があり危機感を覚えている。
運輸業 運送業
*4月は青果物の不作で売り上げが減少した。軽油も4円近く値上がりし収益が悪化した。厳しい状況が続きそうだ。
 
運送業
*昨今の油の値上げは異常です。今年になって毎月の様に価格の値上げがいってきます。一昨年の値上げ程までではありませんが、先はまだ分かりません。同業者が廃業したのが正解だったのかと思ったりします。でも会社運営に協力して下さった銀行、お客様、そして毎日を頑張ってくれる社員の事を考えれば、現在、仕事をさせて下さるお客様に感謝しながら経費節約を模索していくよりないのではないかと思う毎日です。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End