情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

10 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
10 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*売上高は前年同月比減少し、収益状況も厳しい月となった。
*前月まで回復傾向にあった企業も10月は全体的に厳しい結果となった。
 
食料品(水産加工品)
*前年大量に水揚げがあり、今年もほほ順当に水揚げがあったが、前年同月比10%少なかった。
*魚価が下がって漁業者は大変であるが、加工業者も製品価格の値下がりで厳しさは増してきた。また、前年に比べて今年は加工原料が少なく、加工業者の経営は一段と難しくなってきている。その結果、加工業者が8月に1社、9月に1社倒産した。この他に12月末迄に1社廃業することを決めた。
*1月から6月までは、前年同期比60%の水揚げとなり極端に少なかった。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比101.8%であるのに対し、本格焼酎は98%、全体では99.1%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比86.9%であるのに対し、本格焼酎は100.5%、全体では97.9%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*販売価格の下落傾向が激しく、縫製工賃への影響がある。
印刷 印刷
*厳しい状況が続いているが、ここにきて更に厳しさが増しているようである。
窯業・土石製品 窯業・土石(セメント)
*売上高は前年比44.8%増。売上は増加したが、過当競争のため収益は変わらない。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*補正予算の執行により、コンクリートの出荷は何とか前年並みの実績となっているが、この補正予算の執行がなかったら、出荷は大変なことになっていたと思われる。また、現政権による来年度の予算によっては、来期の落込みはひどくなると想像される。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注環境は益々厳しい状況にある。市場に仕事が無く、先行きの見通しが立たない。客先から△30〜△40%のコストダウンの要請があり、コストを下げないと受注はできない。
*人材育成の一環として、今年度後期の「工場改善の進め方」の教育研修をスタートした。
一般機器 一般機器
*依然として厳しい経済情勢のもと、経営者はじめ従業員も必死になって会社存続のため頑張っているが限界に近い。それに追い打ちをかけるように年末の資金繰りや、経営者の高齢化による後継者問題等、難題山積みで息をつく暇さえないのが現状だ。
 
一般機器
*経営上の問題点として「受注の停滞・減少」を挙げる企業が最も多い。
輸送機器 輸送機器
*三菱重工業(株)(MHI)長崎造船所の風力発電のキャンセルに伴う影響が出始めている。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(電器)
*相変わらず「エコポイント制度」関連商品の動きは良い。
*販売価格は横ばい。
*平成21年10月より平成22年3月まで、全国90万世帯を対象(65歳以上の家庭が原則)にした地デジサポーター戸別訪問を実施中である。長崎県では1万世帯を目標に訪問を開始した。自店客を中心に進めているので、顧客の再開発も考えられる。
 
小売業(青果物)
*平成21年10月期の青果物取扱高は、前年同月比86.4%と大幅に下回り、4月からの累計でも96.4%と前年同期比率が低下した。
*県内産の秋物野菜(大根・レタス・キャベツ・ホウレン草等)が出回り、また果物(りんご・柿・みかん等)も総じて安値であったため、消費不振と相まって前年度割れとなった。
 
小売業(食肉)
*相変わらず売上的には単価の高い商品が不振で減少傾向ではあるが、原価も低調に推移しているため、収益的には若干の改善が見られた。又、行政・生産者団体によるイベント等も各地で開催され、消費拡大には一役買ったようだが厳しい現実には変わりなく、先行きは益々不安である。一部には既に越年は不可能であろうとの声すら聞こえているところである。
 
小売業(鼈甲)
*売上高は前年同月比68%となり、先月同様厳しい状況である。
 
小売業(石油販売)
*原油価格はやや上昇(今年度最高値)するも、円高基調と減販による業者間競争により市況は安定している。
*今後、年末に向けては小幅な上昇を予想する。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は引き続き厳しい状況で推移している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*県・市の補助を受け、アーケード内に防犯カメラを6台取り付け、現在稼働中。
*「島原不知火まつり」を10月17・18日に実施。天候も良く賑わった。商店街アーケード内でミス島原のパレードを行った。
*長崎県立島原商業高校の生徒による実験的店舗「島商ップ」の営業日は10月が効率良く行われているようだ。
サービス業 サービス業(旅館業)
*売上単価が伸びず、利益が少なく、経費の支払いに苦慮しているところが多い。
 
サービス業
(旅館業)
*引き続き売上高は前年割れが続いており、大変厳しい経営状況となっている。
*一部に雇用の調整も見受けられ、地方の実体経済の回復が急務となっている。
 
サービス業
(旅館業)
*平成21年10月売上高は前年同月比88%、金額で△800万円のマイナスとなった。
*11月は紅葉時期になり例年は満室が続くが、今年は新型インフルエンザの流行で予約状況は低調である。
 
サービス業(飲食業)
*前年比△10%のダウン。9月のシルバーウィーク後で、平日だけでなく土日もETC効果が薄れ、落込みが目立つ。
*修学旅行生も増加は期待できず、今後の先行きが不安だ。
建設業 建設業
*政権交代で政治の仕組みが変わり、大幅な公共事業の削減で危機感が高まっている。
*前倒し発注効果が当面は維持し一息ついているが、価格競争が厳しく収益は悪化の一途。赤字会社が増えている。
*「緊急保証制度」を受けた先が11月以降、借入金の返済が始まる先も多く、中小零細業者の経営環境は更に厳しくなり、これから資金需要が旺盛になる年末に向かい、小規模業者を中心に厳しい経営は否めない。
 
建設業(管工事)
*10月末に組合員企業1社倒産により、現在正会員51社、準会員13社となった。
運輸業 運輸業
*例年なら10月頃から売上が伸びてくるのだが、今年はなかなか上がってこなかった。
*年度末にかけて売上が上がってこなければ、かなり厳しい状況になりそうである。
 
運輸業
*前年の今頃からすれば、軽油の値上げを言ってきても今年の上げ幅は少ない方だ。しかしながら連続して毎月の値上げが通達されれば、予定も組めないため不安なことばかりだ。石油業界も苦しいようだが、運送業界も石油業界に振り回されている状態だ。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End