情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

9 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
9 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*売上高については業界としてはまだまだ厳しい状況が続いているが、回復の兆しが出てきた企業もあり、一部では前年オーバーのところも出てきた。売上数量や収益面の回復に向けての取組みが急務である。
 
食料品(水産加工品)
*9月は水揚が前年同月比約20%減少し、冷蔵庫や加工場の稼働率は悪かった。又、加工品価格も魚価の値下がり以上の値下げを求められている。売上は消費の低迷と低価格販売でますます落ち込んでいる。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比116%であるのに対し、本格焼酎は109%、全体では110%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比87.6%であるのに対し、本格焼酎は99.9%、全体では97.4%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*全組合員が売上高減少で苦労している。
印刷 印刷
*厳しい状況の8月が過ぎ、少しは上向きになることを期待していたが、情勢はなかなか好転しない。
窯業・土石製品 窯業・土石(陶磁器)
*取引商社が8月末2回目の手形不渡りで事実上の倒産が発生し、組合・組合員への被害があった。
 
窯業・土石(セメント)
*売上高は前年比29%増も、収益は大幅に減少し、しばらくは工事の受注競争により悪化の状態である。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*上半期は前年比99.1%の実績となり、ほとんど変わりない出荷量であったが、ここにきて下半期の出荷に少し陰りが見え隠れする状況となってきた。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注環境は依然として厳しい状況にある。受注案件があっても値段がとても安い。工事量が増加する見込みは全く無い。
*昨今の円高基調は今後更に経営状況を悪化させる。
一般機器 一般機器
*新政権の船出に期待するも相変わらず先行きが不透明な世の中、困ったものだ。鉄鋼製造業もこのような状態だと見切りをつけるところも多く出てくるのではないかと思われる。組合員の中にもこの危機を察してか新規事業を計画されているところもあり、日本経済を支えてきた町工場が減れば、日本経済はますます悪化の道を辿るのだろう。
 
一般機器
*相変わらず低価格競争が続いている。
輸送機器 輸送機器
*造船関連の仕事量減が増えつつある。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(電器)
*「エコポイント制度」関連の売上は月末にやや低下。
*テレビは好調が続いているが、販売価格が伸びない。
*太陽光発電・住宅リフォームに営業を強化する販売店も散見できる。
 
小売業(青果物)
*平成21年9月期の青果物取扱高は、前年同月比101.1%とやや上回った。これは北日本の日照不足による青果物の生育の遅れの影響で、ジャガイモ・玉ネギ・人参・大根等の高値が続いたためである。取扱高が前年並みになったものと見られ、残念ながら、消費・購買の増進という訳ではないようだ。4月からの累計では前年同期比98.2%と若干下回っている。
 
小売業(食肉)
*前年同月と比較して、末端消費は先月同様ますます低調に推移しているようである。その為、卸売価格も低調で原価的には下落している。一部売価も引下げを行い、値頃感を出して販売しているが、その効果はあまり見られない。利益率としては若干の改善が見られるが、総売上が減少傾向であるため厳しい実情に変わりはない。さらに業務用関係の需要も減少している中で、異業種の乱売ともいえるセールスが散見され困惑している組合員もいる。過当な競争を防ぐためにも早急な対応が課題である。
 
小売業(鼈甲)
*売上高は前年同月比57%で、引き続き厳しい状況である。
 
小売業(石油販売)
*原油価格の安定と円高傾向により、石油製品は小康状態である。
 
小売業(木材販売)
*住宅建設が激減しており、売上が減少して資金繰りが苦しい。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は厳しい状況が継続している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*世界同時不況や新型インフルエンザの影響により観光関連産業が打撃を受けている。
*将来の観光競争力強化のために今為すべきことに真剣に取り組まないといけない。一人ひとりが一丸となって受入姿勢を向上させることが最大のポイントである。
 
サービス業
(旅館業)
*連休期間中の観光客の宿泊増で久々の活況となった為に辛くも前年並みの売上を確保することができた。
*しかしながら基本となるビジネス客の動きは鈍く、客単価の低下とも併せて、先行きの見通しは暗い。
 
サービス業
(旅館業)
*平成21年9月売上高は前年同月比△5%マイナス、金額で△300万円の減少となった。
*10月の予約状況も芳しくない状態で、新型インフルエンザの蔓延が進めば予約のキャンセルも予想され、厳しい状況が続いている。
 
サービス業(飲食業)
*平日の落込みは前年比ダウンが続くが、シルバーウィークが予想以上に好結果となり、全体では前年同月比5%プラスとなった。
*シルバーウィーク期間中も客単価下落の傾向が続いており、今後も大幅な売上増は見込めない。
建設業 建設業
*政策転換により地方の建設業者はこれから「どうなることやら」と戸惑いを隠せない。
*年々3%ずつ削られた公共事業の影響で倒産・廃業が続くなか、「緊急保証制度」や工事の前倒しによって一時的に効果が出ており、当面は沈静化傾向が維持されつつも、増勢に転じる危険性を秘めている。
*これから借入金の返済が順次はじまり、その分負担となって資金繰りはさらに悪化し、ひっ迫する恐れが出ている。
 
建設業(電気工事)
*依然として業界全体で厳しい状況が続いている。
運輸業 運輸業
*9月は全体的に売上が大幅に減少したようである。毎年のことではあるが、今年がいちばんひどいようである。
*軽油の価格も5円近く値上がりし、厳しい状況が続きそうだ。
 
運輸業
*最近になって軽油価格が大幅に値上げされた。昨年の値上げ程ではないけれど、運賃の変化はなく燃料代の出費増で、経営が苦しくなってくることに間違いない。ただ幸いなことに運ぶ荷物が減少してないことが救いである。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End