情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

8 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
8 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*ギフト商品をはじめ、麺つゆ等の夏物商品については厳しい状況であったが、売上高が前年並みを維持できた企業もあった。
*今後は組合・企業、業界全体の売上高及び収益面でのアップが望まれる。
 
食料品(漬物)
*日照不足等の気象変動の激しさにより、漬物用野菜が高騰、収益が著しく悪化している。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比92.7%であるのに対し、本格焼酎は101.7%、全体では99.7%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比88.2%であるのに対し、本格焼酎は99.2%、全体では96.9%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*婦人服の大手取引先の倒産があり、影響が出てきている。
印刷 印刷
*長崎県の経済状況がいまだ上向きではないようであるが、長崎県の印刷業はそれにも増して厳しい状況が続いている。特に8月は厳しかったようだ。
窯業・土石製品 窯業・土石(陶磁器)
*組合員・取引商社の倒産が発生。受注減により、雇用調整助成金の活用が多くなっている。
 
窯業・土石(セメント)
*売上高は前年比△6%減少であまり変化はないが、収益は悪化し、受注も減少、競争が激しく取引条件も厳しくなっている。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*昨年、原材料価格が値上がりしたが、これまで価格転嫁できずにいた長崎及び西彼杵地区において、生コンクリートの積算単価が上昇した。また、今後の原材料価格の値上げ次第で生コンクリートの単価も値上げせざるを得ない状況となっている。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注環境は依然厳しい状況にある。電力会社及び製鉄関連の改造工事が全く無い。また、受注案件も少なく、なおかつ値段(受注価格)をかなり下げないと受注できない。
*人材育成の一環として、8月〜12月の毎月曜日の定時後、工作技術/機械検査技術の勉強会を開始した。(参加人員22名)
一般機器 一般機器
*若干受注量は増加したが、収益は取引先からのコスト縮減により低下した。新政権での景気回復に期待したい。
 
一般機器
*「平成21年度ものづくり分野の人材育成・確保事業」(全国中央会)に採択され、事業を開始した。
*製造業売上高前年比72%と厳しい状況が続いている。
輸送機器 輸送機器
*組合員企業各社とも、操業度の低迷が強まっている。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*佐世保重工業への納入業者の一部に売上減少が見られる。
小売業 小売業(電器)
*天候不順でエアコンの動きが悪かった。
*「エコポイント制度」関連の電器製品に動きが出始めた。
*販売価格は依然として厳しいのが現状である。
 
小売業(青果物)
*日照不足により野菜の成育が遅れ、ジャガイモ・玉ネギ・レタス・トマト等高値が続いた。特に、この時期ジャガイモ・玉ネギ・大根の主要産地である青森・北海道では梅雨明け宣言もされない程で、品薄状態が続いた。
*平成21年8月期の青果物取扱高は、前年同月比106.1%であったが、4月からの累計では97.6%と昨年を下回っている。
 
小売業(食肉)
*昨今、食肉全体の消費量が少しずつ減少している中で、8月は例年需要期であるにもかかわらず、売上減少が顕著であった。特に消費者の牛肉離れに拍車が掛っている。この消費低迷の中で、全般的な仕入の相場が下落しているので、原価的には業界にとってプラスではあるが、何分にも売上減少というペースが大きいので、収益的には完全に相殺されてしまっている勘定である。
 
小売業(鼈甲)
*売上高は前年同月比60%、先月に引き続き下げ止まりの気配はなく厳しい状況である。
 
小売業(石油販売)
*原油価格は1バレルあたり70ドル台となり、元売仕切値も上昇、小売価格も上昇基調である。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は厳しい状況が継続している。
*「させぼ振興券」の回収が進み、効果は落ち着いてきている。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*新型インフルエンザの影響により夏から秋にかけての団体客が伸び悩んでいる。旅館・ホテル等も新型インフルエンザに対する基礎知識をしっかりと身につけ、衛生対策商品の備蓄などを心掛けている。
 
サービス業
(旅館業)
*長期にわたる大幅な売上減少により、経営環境は極めて悪化している。先行きの見通しの不透明さから、経費の削減が人件費にも波及しつつある。
 
サービス業
(旅館業)
*平成21年8月売上高は前年同月比△20%マイナスの80%、金額で△1,400万円の減少となった。11ヶ月連続の売上減少のため資金繰りが悪化、9月になって金融機関より緊急融資を依頼した。
*今後の新型インフルエンザの流行による宿泊客の減少の予測も不明なところだ。
 
サービス業(飲食業)
*ETC料金割引制度及びイベント効果により、売上高は前年同月比5%程度増加。ただし平日は夏休みながら落ち込みが目立つ。
*客単価の下落も続いており、収益面では厳しい状況が続く。
建設業 建設業
*「緊急保証制度」さらに公共工事の前倒しによる工事発注等で、これまで業種構成比トップを占める建設業の倒産が留まっている。ただ下期の不透明感は残る。景気対策で受注が先食いされている懸念がある。
*また緊急対策として小中学校の耐震補強工事等があり、明るい材料は出てきているが、全般的な業界の景況感はなお厳しい。「緊急保証制度」で資金調達できた先も、更なる業績の低迷で再び資金不足に陥っていくのではと懸念している。
 
建設業(管工事)
*長崎市新築完成住宅戸数 4月25戸・5月27戸・6月35戸・7月33戸。
これに対し、長崎市上下水道局給排水指定業者数 約420社。
仕事がない。
運輸業 運輸業
*例年8月は売上がいちばん少ない月であるが、今年は更に少なかった。軽油の値段も上昇してきており、厳しい状況が続きそうだ。
 
運輸業
*最近は不景気と言われているが、長崎の場合、大きな企業は厳しくともそれなりに製品出庫があり車輌の動きはあっている。でも、利益率が少ない上に軽油価格の値上げも言われていて、燃料代が多くなり、昨年の様に経営が苦しくなってくるようで心配だ。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End