情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

8 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
8 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*8月は売上金額・数量共に前年を下回っており、反面、塩をはじめとした原材料の価格上昇は依然として続いており、収益状況も非常に厳しい状況である。
*消費者の購買回復に向けた取組みが急務である。
 
食料品(水産加工品)
*前年同月比、水揚高が増え、冷蔵庫・加工業共に忙しかった。しかし、コストの増加により利益は横ばいで推移している。
 
食料品(菓子)
*今夏、取引先の突然の倒産等が発生し、業界に影響があった。
*盆用の飾り菓子がだんだん売れなくなったのは、現代の若者が先祖に対しての敬う意識がなくなってきているからではないか。
*中元贈答品は例年より少々であるが上昇した。帰省の際の土産品も好調だった。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年同月比98.8%であるのに対し、本格焼酎は95.1%、全体では95.9%であった。在庫数量は、日本酒が前年同月比98.3%であるのに対し、本格焼酎は102.7%、全体では101.8%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*9社中、2社は受注増加、7社は減少。
印刷 印刷
*依然として厳しい状況が続いている。
窯業・土石製品 窯業・土石(生コンクリート)
*建設物価調査会による価格調査において、諫早・県央地区における生コンの積算単価が1,350円アップした。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*仕事量は第3四半期までは堅調に推移する。取引先から製品価格のカット要求、原材料・副資材及び運搬費等の高騰もあり、採算は今後厳しくなる。
*設備投資については、工場増築及び工作機械3台を購入予定。
*人材育成については、「第一線監督者/現場リーダー」の合宿研修を実施し、25名が参加した。
一般機器 一般機器
*先月より少し良くなっているが、全般的には良くない。
 
一般機器
*新生電子(株)及びキャノン(株)の県北進出による若手労働者転出が懸念される。
*原材料の高騰による同業者間競争の激化等、受注条件、収支等厳しい状況が続いている。
電気機器 電気機器
*前年同月比売上高は伸びているものの、状況は依然として変わらず、価格転嫁が課題となる。
*需要は感じられるものの、停滞感がある。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 小売業(青果物)
*平成20年8月期の青果物取扱高は、前年同月比92.1%と前年を下回った。これで3ヶ月連続して前年を下回ったことになる。
*大型量販店や産地直販所の影響ではないだろうか。魅力ある店作りと共に、差別化した商品の開拓に努めなければならない。
 
小売業(鮮魚介)
*盆まで入荷量は大変少なかった。
*夏場は煮物・水炊き・吸い物類が売れない。
*刺身物もビールが主体で売れ行きは悪い。
 
小売業(食肉)
*現状の市況においても、季節要因による需要があり、ある程度販売ができたことと、段階的な値上げ等もここにきて功を奏し、実績としてはまあまあであった。
*今後の一般管理費の動向により、やや先の見通しも程前よりも明るくなると予測する。
*しかしながら、全体的には低調だという基準は変わらない。
 
小売業(石油販売)
*消費者の買い控え等による減販は厳しいものがあり、業者間の競争激化により販売価格は低下傾向にある。原価価格も低下している。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は引き続き低迷している物と判断している。
*抽選券付売出し(7月19日〜8月10日)を実施したが、抽選券の利用状況は対前年比約10%減少した。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*8月9日(土)「九大落語研究会の落語寄席」を商店街空き店舗で開催した。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(情報)
*昨年下期より本会主催のIT技術研修会を開催しているが、皆とても熱心で、受講生は毎回ほぼ満員状態で実施している。好評の理由は、長崎県より研修費の一部支援があることと、長崎高等技術専門校の教室を利用しているため受講者の費用負担が軽減されているからだと思われる。このことは将来きっと良かったと言ってもらえる結果になると思う。長崎県は土地も水も無いので残された人材育成に力を入れていくことが急務だと思う。
 
サービス業(旅館業)
*今年の夏は特に暑く、熱中症の心配もあり、観光客も少なかった。
*離島地区において組合員の廃業が数件あった。
 
サービス業
(旅館業)
*平成20年8月売上高は前年同月比89.3%、金額では約824万円のマイナス。仕入れ商品の値上げ分を換算すると、実質1,000万円近くの減少になる。物価の上昇・増税等の他、秋の観光シーズンに総選挙が予定されており、観光産業にとって厳しい状況が続きそうだ。
 
サービス業(飲食業)
*売上高は対前年同月比約10%近くダウンし、売上減少傾向が続く。
*観光客減は相当な様で、料理店・物販店共に影響は大きい。お盆期間中も期待ほどではなかった様子。
建設業 建設業
*世界的な不安心理はとどまることを知らず、景気の先行きに暗雲が立ち込めている。
*1年を経過した改正建築基準法の余波と、建設資材の価格や労務費が軒並み上昇、請負価格への転嫁が進まず、収益を圧迫して、収益環境は極度に悪化してきた。
*マンション価格の高騰や賃金の伸び悩みなどで、消費者の住宅購入意欲に陰りが見えて、住宅市場の道筋は険しく、マンション業者の倒産は増加傾向に転じ、老舗企業の倒産が目立ってきている。
運輸業 運輸業
*例年夏場になると売上が落ちるが、今年は例年以上の落ち込みである。
*軽油価格が上昇し、厳しい状況である。
 
運輸業
*最近の油代の値上げも高値で落ち着いているようだが、この高値が今後も続くようであれば経営が成り立っていかない深刻な問題だ。
*9月頃には値下げがあるようだが、今まで毎月のように値上げが実施されてきたため、大幅な値下げが実行されないと会社運営も苦しいものと思う。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End