情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

12 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
12 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*12月売上高は前年同月比ダウン。歳暮品の売上も芳しくなく、業界としては厳しい状況である。特に主原料(大豆・小麦・食塩等)は大幅に価格が上昇し、又原油高騰により包装資材費をはじめ、燃料費・運賃等の上昇を招いている。そのような中で、待望の味噌・醤油の価格改定の動きがやっと出はじめ、消費者の理解と協力をお願いしているところだ。
 
食料品(水産加工品)
*12月水揚高は対前年同月比数量で106%あり、冷蔵庫・加工場とも順調に稼動した。
*冷蔵庫は、サバの水揚等でほぼ満庫になり、フル稼働であった。
*加工場も、水産加工品の順調な売上で忙しかった。
 
食料品(漬物)
*年末、長崎市北部で3店舗を経営していたスーパーが事業を停止した。取引がある食品メーカー・問屋においては過大な損害を被ることとなった。
 
食料品(菓子)
*原油高騰ですべての原材料・包装資材の値上り、製品単価が軒並み値上げせざるを得ないと、新年度から実施の予定。
*年末商戦も笛吹けど消費購買は上がらず、正月らしさを失ったようで低調な売上に止まった。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比93.6%であるのに対し、本格焼酎は100.2%、全体では98.3%であった。在庫数量は、日本酒が前年比100.7%であるのに対し、本格焼酎は105.9%、全体では105.0%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*前年対比、紳士服オーダー関係は非常に悪く、婦人服は横ばいの状況。
木材・木製品 建具
*建築基準法改正に伴う建築確認の書類審査の遅れで、着工が延期されている建物が多くなっている。そのあおりで、普通でも不況感の強い建築業界は益々落ち込んでいるようだ。
窯業・土石製品 窯業・土石(陶磁器)
*売上は大きく落ちていないものの、燃料のガス等の高騰は製造原価が高くなり収益を圧迫している。
 
窯業・土石(セメント)
*売上は対前年比86.8%。依然として業界全体が悪化の状況である。
*1社廃業。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比△2.4%(△3,402m3)減少、前月比8.7%(11,195m3)増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*全体的に第3四半期までは受注量・生産高とも堅調に推移してきたが、第4四半期以降、夏場までは減少傾向が強い。
電気機器 電気機器
*電機業界は活況を呈しているが、原材料の高騰による収益の悪化を懸念している。このことは、直接的に我々の日々の生産活動や経営に影響をもたらしてくると考える。
*現在、船舶関連を中心とする好況を背景に好調を維持しているが、中国造船事業への国ぐるみでの増産体制づくりは、今後日本の造船業界への影響が大きく出てくると考える。
*いずれにせよ、好況時だからこその次の一手を考える大切な一年と考える。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*佐世保市並びに県北地区の水不足の影響が12月・1月に出てくるのではないかと懸念している。
*12月に入って売上が伸びてこない。12月下旬になっても気温が高く、冬物商品が売れない。ガソリン・灯油の高騰で全てに節約ムードが漂い、大変厳しい12月だった。
小売業 小売業(電器)
*地上デジタル放送のスタートで、カラーテレビ(液晶・プラズマ)は売れているが、テレビ単価が前年比20%以上ダウン。売上は減少している。
*白物家電といわれる冷蔵庫・洗濯機などの売上減。
 
小売業(青果物)
*12月期の青果物取扱高は、寒波等天候の影響もなく、野菜も果物も順調な出荷状況であり、概ね低水準の安定した価格で推移した。(前年同月比91.3%、前期比94.5%)
*近年、大型店の新年早々からの営業により歳末商戦がすっかり様変わりし、小売店の活況がなくなってしまった。正月三が日位営業を休んでも良いのではないだろうか。家族揃ってのゆっくりとした日本の正月の伝統文化が失われた感じがする。
 
小売業(食肉)
*業界では、12月は平常月と比較すると売上的に25%程度増加するのが通常であるが、昨年度並みであった歳末3日間を除くと、かなり減少が目立ったようだ。
*食料品を中心に生活必需品の軒並みの値上げが報じられ、消費者の不安を煽り、購買意欲の減速を実感している。さらに売上単価の上昇は必至で、価格に転嫁するにも限度があり、先行きは非常に厳しい。
 
小売業(石油販売)
*他県資本の新規参入により競争激化。マージンは低下している。
 
小売業(木材販売)
*建設会社等の倒産が多発し、資金繰りに大きく影響している。
商店街 商店街(佐世保市)
*抽選券付き歳末セール(12月1日〜12月25日)を実施し販促に努めた。また、「きらきらフェスティバルin佐世保」(11月15日〜12月25日)を開催し賑わいの創出に努めた。
*景況は、具体的なデータはないが、引き続き厳しい状況が継続しているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*一番街商店街における「島商ップ」(島原商業高校生の販売実習体験)が終了。
*今年で4回目を迎える「島原城下ひなめぐり」(1月9日〜3月9日)がスタート。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*原油高騰により仕入れ価格及びその他の経費に影響があり、ますます経営を圧迫している。
 
サービス業
(旅館業)
*12月売上高は、前年同月比118%、金額で約1,450万円増となった。ただし、商品の値上がりが含まれているため、実質の増加は不明である。
 
サービス業(飲食業)
*料理店は忘年会等の宴会需要が落込んでいる。
*物販店は観光客減・一般客不在のため売上は減少している。
*引続き仕入原価の上昇は続いているものの、販売価格への転嫁が進まないため収益は悪化している。
建設業 建設業
*原油高や建設資材価格の高騰に加えて、突然得体の知れないサブプライムローン問題により経済の減速感が加わって、業界をはじめ一般企業にも心理状態に暗い影を落としている。
*建設関連業界などでは、2007年度下半期の減益幅が更に大きくなってきている。
*この様な時期にこそ、自分たちの仕事を精一杯、お互いの知恵を出し合いながら、活性化に向けて頑張るしかない。
*年度後半は米国経済が持ち直し、国内経済も浮揚する見方もあり、地道な努力をしてこの難局を乗り越えたい。
 
建設業(電気工事)
*原油高騰等により材料の値上がり等見積もり時の金額との差が生じるなど、非常に厳しい経営状況にある。
運輸業 運輸業
*12月も軽油価格は1リットルあたり5円上昇した。4月から比べると2割近く上昇している。
*運賃はなかなか上がらない。
*売上が上がっても収益は改善せず、厳しい状況が続いている。
 
運輸業
*全体的に景気が良くなりつつあり、車の動き・荷動きも増えてきた。しかし、軽油価格の値上げ幅が大きく、苦しい経営が続いている。
*1年間で1リットルあたり25円の値上げになることは過去にはなかった。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End