情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

9 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
9 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*前月は若干売上回復かと思われたが、今月はそれ以上にダウン。大豆・米・小麦など主原料は値上げされ、その他副原料・包装資材・運賃と軒並み値上げの波が押し寄せている。醤油・味噌の値上げが待たれる。
 
食料品(水産加工品)
*高気温による海水温度上昇の影響で、加工対象の旋網物や底曳物の入荷が少なく、加工場・冷蔵庫の稼働率が低下し、全体的に厳しかった。(対前年比 旋網85%、底曳物84%)
 
食料品(菓子)
*石油値高騰のため包装資材を筆頭に原材料の値上げラッシュで、製品価格の上昇が始まり、ほとんどの事業者が10月1日から販売価格の値上げを考えている。
*現在のところ人件費の上昇は見られない。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比100.0%であるのに対し、本格焼酎は118.0%、全体では114.0%であった。在庫数量は、日本酒が前年比94.3%であるのに対し、本格焼酎は102.6%、全体では100.7%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*秋物の動きが少なく、日本の景気が良くなっている実感は全くない。
 
繊維製品
*紳士服オーダーは横ばい、婦人服カジュアルは横ばい又は若干下降気味で推移。
木材・木製品 建具
*私達の業界は構造的に下請としての位置から脱皮できずにいる。
*何か事を起こさなければと組合員も考えてはいるが、ベースとなる建築関係の不況感から夢と希望をも失いかけているのが現状だ。行政からの少しの仕事でもいいから受注がほしい。
窯業・土石製品 窯業・土石(セメント)
*売上は前年対比-48.3%減(昨年の台風の影響)。全体的に受注低下。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比-23.7%(31,061m3)減少、前月比9.0%(8,271m3)増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注・生産高とも堅調に推移しているが、コストダウン要求が厳しい企業もある。
*生産増強のため、工場建築・増築の計画がある。
電気機器 電気機器
*仕事量は、各社バラつきはあるものの、ある程度充足されている。ただし、業種によっては下落傾向が見られている。(半導体関連)
*船舶関連は好況が続いている。また、設備関連についても好況と考える。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*9月も気温が高く、秋物はほとんど売れていない。このまま冬物商戦に入らざるを得ない。
*小売店が元気がない。県北経済は落ち込んだまま打つ手がない。
小売業 小売業(電器)
*大型電器小売店の低価格競争の激化による単価ダウンで対前年同月比等悪くなっている。
*2011年7月に地上波のアナログ電波が止まる予定。組合では「『デジタル110番』家電困りごと相談センター」制度を来春までに発足できるよう準備中。
 
小売業(青果物)
*9月期の野菜・果物の取扱高は前年同月比82.0%、前月同様、前年同月の数字をクリアできなかった。
*長崎中央卸売市場の活性化のためのホームページ立上げに伴い、基礎講習会を10月14日に実施。(中央会組合情報化推進研修事業)
 
小売業(食肉)
*例年にない猛暑の影響等により9月期も原料相場が高い水準であった上に、諸経費の上昇も加わって、経営を継続していける最低の利益確保さえ困難な状況に追い込まれている。
*また、金融機関等の対応も、業績悪化に伴い金利等条件面も一段と厳しくなりつつある。
*年度内に現状が改善あるいは好転しなければ、来年度は廃業が続出する可能性さえ大である。
*加えて、業界のコンプライアンスに関わる諸問題の続出も消費者の不信を招き、消費マインド低下の一因となっている。
 
小売業(石油販売)
*原油価格が依然として高水準で推移しているため、ガソリン価格は上昇基調である。
商店街 商店街(佐世保市)
*景況は厳しい状況が継続しているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*9月15日に「島商ップ」(島原商業高校生の販売実習体験)がオープンし、高校生が部活動として13人態勢で取組んでいる。営業時間は平日16時〜18時、土曜日10時〜17時、日曜日休業で12月末まで営業中。
*島原市が、経済産業省支援事業「平成19年度市町村の中心市街地活性化の取組に対する診断・助言事業」の対象市に選定され、中心市街地の現況や課題・活性化策についての第1回目勉強会が9月末に開催された。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*売上単価が伸びず、利益が少なく、経費の支払に苦慮しているところが多い。
*温泉地の老舗大型ホテルから廃業届が提出された。
 
サービス業
(旅館業)
*9月売上高は、前年同月比16.6%増、金額で約830万円増となった。
*10・11月の紅葉シーズンにも大いに期待したい。
 
サービス業(飲食業)
*昨年9月は最悪の状況だったが、今年は地元・観光客共に好調だった。
建設業 建設業
*8月の県内企業の整理倒産状況を見ると、件数では19件(前年同月比4件増加)、負債総額は68億円(前年同月比15億4千3百万円増)、当月は大型倒産があり、大幅に増加した。今年に入り、件数・負債総額ともに5月に次いで高水準となった。
*業種別では、建築業が11件(57億円)と目立ち、全体の58%を占めている。
*原因別では、受注・売上不振による不況型倒産が10件、焦げ付き連鎖による倒産3件ほか。
*建設業は公共工事の削減や入札制度変更による競争激化に加え、建設資材及び原油の高騰により、資金繰りは一層厳しく、決済不調に陥った会社の連鎖倒産が懸念されており、建設業界は悪化の一途を辿っている。
運輸業 運輸業
*9月は荷動きが悪く、売上は減少した。毎年9月は売上が落ち込む。軽油もまた値上がりしそうで、厳しい状況が続いている。
 
運輸業
*燃料代の大幅値上がりが行われ、ますます経営が苦しくなってきた。
*前月、売上に対する何%かを油代値上げ分として荷主に請求したが、更なる油代の値上げで結果的には何のプラスにもならなかった。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End