情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

4 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
4 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*売上は前年と比べなんとか維持している様子。5月からのガソリンの値上げが今後どう響くか不安だ。
 
食料品(水産加工品)
*前年同月比、水揚高は111%、水揚金額は85%であった。
*水揚が順調に増え、ブリ等の入荷もあったので、加工場・冷蔵庫等も忙しかった。
 
食料品(菓子)
*選挙の月は売上が悪いと言うが、今度の選挙月は特に悪かった。
*歓送迎の会食等も最近ではあまり見かけなくなり、さびしい夜の街だ。
 
食料品(酒類)
*課税移出数量は、日本酒が前年比97%であるのに対し、本格焼酎は100%、全体では99%であった。在庫数量は、日本酒が前年比98%であるのに対し、本格焼酎は109%、全体では106%であった。
繊維・同製品 繊維製品
*弱含みで前年並みとの回答が多い。
 
繊維製品
*全体的に横ばい又は若干下降気味。
木材・木製品 建具
*長崎の住宅着工数の減少、行政上の建設関係の新規抑制、地場の銀行の動向等大変気になることが多い状況の中で新年度を迎えた。組合の存続をかけて全員での方向探りの一年になるかもしれない。
窯業・土石製品 窯業・土石(陶磁器)
*組合脱退・倒産・廃業が数件発生し、長年の不況の影響が表面化しつつある。
 
窯業・土石(セメント)
*売上は前年度比約2倍だが、これは前年が悪かったのが原因。台風修理が少し残ってはいるが、新築は受注があまりない。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比7.1%(7,417m3)増加、前月比-18.7%(25,710m3)減少した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*ニッケル・亜鉛などの素材価格が高騰を続けている。
*受注量は堅調に推移。
*設備投資計画(工場・工作機械)が出てきた。
電気機器 電気機器
*仕事量は非常に多く、年度明けにも関わらず高水準を保っている。ただし、採算面については、材料費の高騰等、若干の値戻しはあるものの、相変わらず利益薄い操業になっている。好況がいつまで続くか微妙な感じはするが、コスト削減を最優先に進めるしかない。新規事業への進出を含め、やはり海外調達等を進めていかなければならないと思う。
輸送機器 輸送機器
*ガソリン代の急騰で、輸送費アップが懸念される。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*当組合は卸・小売・サービス・製造と異業種の集団である。卸売業の業績は悪い。中でも繊維関係は前年より悪いが、小売及びネット販売は伸びている。
小売業 小売業(青果物)
*4月期は、前年同月比90.1%と不振であった。青果物は総じて安値で推移しているが、消費が盛り上がりを欠いている。
 
小売業(食肉)
*5月の連休において、観光旅行と有田の陶器市の集客は予想より減少し、それに伴って売上も減少のようだ。
*豚の生産数が減少し、5月から価格は上昇するようだ。今年もアメリカ牛の出荷は少量のようだ。
 
小売業(石油販売)
*石油相場の高止まりでガソリンは上昇基調。
 
小売業(木材販売)
*全国的に景気上向きと云われるが、住宅建築業界は、大手メーカーは別にして住宅着工数減少のため景気が低迷している。また、外国産木材の輸入減少により、国産材の価格が上昇し、入手困難となっている。
商店街 商店街(佐世保市)
*引続き厳しい景況が継続しているものと判断している。
*4月8日の花まつりと連携して、商店街内に花鉢を飾ると共に花苗をプレゼントするイベントを開催した。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*暖かくなってくると消費者の動きも出てきたように思える。商店街としても「母の日」「一番街一の日」に合わせて、個店・商店街合同での売出しを企画中である。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(情報)
*政府出資特別法人(株)長崎ソフトウェアセンター(長崎県の情報化社会に対応する産業人材及び企業育成を推進する機関)が3月末をもって業務を停止することとなり、県内IT企業への研修事業が無くなったため、現在長崎県産業労働部と代替策を検討中。
 
サービス業(旅館業)
*4月末の連休イベント時(花火大会・帆船まつり等)は、市内に限って観光客が増えた。
 
サービス業
(旅館業)
*4月売上高は前半不調、後半好調。前年同月比2%減、金額で約115万円減となった。
 
サービス業(飲食業)
*観光客・地元客共に減少。4月としては最悪の状況となった。
建設業 建設業
*都市部・大企業の業績が回復する一方で、地方を中心に中小企業の不振が続き、我々には実感が無いばかりか中小零細企業の倒産が目立ち、ますます格差が広がっているように感じている。
*公共事業の縮小に苦しむ建設業など、内需に依存する業種での倒産が増加傾向にある。
*06年度の倒産を見ると、業種別では建設業が最も多く、07年度も同じ傾向が続くのではと心配している。
*今後は小規模な案件から実績を積み重ね、手堅く進めていくことに重点を置き、「量より質」を重視して難局を乗り越えようと必死で頑張っている。
 
建設業(管工事)
*平成18年度組合員が3社減少したのに加え、平成19年4月中に2社減少し、現在組合員数は59社となっている。
運輸業 運輸業
*青果物が例年より早く出荷が始まり、売上が少し増えた。しかし、その他の仕事(土木関係等)が大幅に減少したため、全体的には売上減少。軽油価格もさらに値上がりしてきており、厳しい状況が続いている。
 
運輸業
*運輸業界も5月より軽油5円値上げの通達があった。一度に5円の値上げは深刻だ。せっかく売上増になっても、走る分だけ軽油代がかかっては利益を出すことができない。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End