情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」又は「好転」との連絡を頂いた業種割合から「減少」又は「悪化」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

2 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
2 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 食料品(味噌醤油)
*前年同月に比べて、ダウン状況にある。包装資材の値上がりが懸念されるだけでなく、重油の値上がりがひどく、前年の倍の値段になっている。又、原材料について一部政府の補助金がなくなり、原料の確保が難しくなった物もある。
 
食料品(漬物)
*我々の業界においては、業績恢復の兆しが見えず、低下の一途を辿っている。
 
食料品(菓子)
*2月はイベント(ランタンフェスティバル)の開催期間と言うこともあり、売上の増加を期待していたが、全体的にはあてが外れたと言うのが本音である。出店商社の売上分がその他の業者の売上を減少させたと考えられる。ランタンが市全体のイベントとなることを望んでいる。特定(一部の)地域のみの祭りでは、日帰り客が多くて売上の増加には繋がらない。
繊維・同製品 繊維製品
*気持ちだけは明るいが、実感としては今一である。しかし、昨年を下回る事はないとの意見や売上が若干増加した分、ロットが小さい為に経費がアップした会社もある。全体的には、昨年並みと予想される。
*全体的に前年同期に比べ売上が減少している企業が大半だが、若干増加しているところも1社ある。
木材・木製品 建具
*我々の業界の主たる発注元(得意先)建築業界の生き残りを掛けた低価格受注が相変わらず続いている。その余波が下請業者である我々に押し寄せてきている上に、工事期間についても無理な計画が実施され、工期短縮の名の下、厳しい情況での工事が行われている。このような情況では良い工事、良い仕事、良い製品ができるのか心配である。
窯業・土石製品 窯業・土石(セメント)
*売上は、前年と変わらないが、販売価格の低下により収益状況は悪くなっている。
 
窯業・土石(生コンクリート)
*出荷数量は前年同月比は4.9%(7,602m3)減少、前月比は17.6%(21,981m3)増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注環境は、総じて好転しており、堅調に推移している。原材料の高騰により、企業収益を圧迫されている社が一部ある。一方では、設備投資(工場建物の増築等)を行った企業が1社ある。
電気機器 電気機器
*仕事量は、かなり改善されているが、価格的な改善はなされないまま進んできている。また、仕事量が増加することで人員の拡大や設備投資にも積極的に動こうとする傾向が見られるが、大手各社も全く同じ事を考えており、さらにその動きも早いので、中小企業の立場でいかに対処していくかが問題である。今後どのような形で生産体制をつくるのか、足元を固めなければならないと思う。
輸送機器 輸送機器
*県、市の指導及び親会社の支援により、造船技術訓練センター設立について近郊造船所を含めて検討段階に入った。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
*撤退、廃業、倒産により組合員が減少している。
小売業 小売業(青果物)
*H18.2月期分の青果物の取扱高は、前年同月比92.5%、H17.4月からH18.2月までの累計でも対前期比92.0%と前年並びに前期を下回った。青果物の取扱高が前年に並んだ理由としては、昨年末の寒波による青果物の出荷減が解消し、一部の青果物を除き、順調な春物野菜の出荷となった為である。
 
小売業(食肉)
*アメリカ産牛肉の輸入停止により、国産牛肉の価格が高騰したため、牛肉の消費は一般に7〜10%減少している。
 
小売業(鼈甲)
*冬のイベント『2006 ランタンフェスティバル』が1/29〜2/12の15日間にわたり開催され、最高の人出だったようだ。今年は天候にも恵まれ、休日が何回かあった分、観光客も多かった。売上についても、昨年より少しは良かったように聞いている。
 
小売業(石油販売)
*産業用中間三品の転嫁が芳しくない。
商店街 商店街(佐世保市)
*中央の大企業等は好業績をあげているとの情報が流れているが、地方の小売業は引続き厳しい景況が続いているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
商店街(島原市)
*2月21日に「一店逸品運動」の中間発表があった。再度6月に会議の開催が予定されている。当アーケードの中心地である「商店街活性駐車場・広場」の建設を検討している。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 サービス業(旅館業)
*県内の中堅クラスのホテルでは、資金繰りが苦境に入っており、金融機関との話し合いで企業再生策を講じている。他にも、経営状態に苦慮しているところもあり、特に、観光ホテルが厳しい。                                               *2月の売上は前年同月に比べて△10.6%、金額として約600万円のマイナスとなった。当然収益も悪化しているが、納入価格の見直しや経費の削減等で決算期(来月)に向けて努力中である。
 
サービス業(飲食業)
*2月はイベント(ランタンフェスティバル)で賑わいがあったが、前年同月より景況が好転するまでには至らなかった。
建設業 建設業
*公共事業の縮減で、それに依存する土木事業は厳しさを増している中で、製造業を中心とした回復基調、各種構造物を始めとした民間の設備投資やマンション・個人住宅等への受注環境の好転が存在している。しかし、耐震偽装問題で、自然災害にも耐えられるだけでなく今まで以上により安全・安心な構造が求められている。購入心理の冷え込みが懸念されており、実際に契約が落ち込んでいるとの声も聞く。その一方で、購入意欲は潜在的にあることから、大きな影響は無いと思われる。
運輸業 運輸業
*2月は売上が減少した。また、軽油においてはH17年度中で最高値となっており、運送業界は大変厳しい状況である。
*最近の油代の値上がりにより、中小企業は大変な影響を受けている。過去2ヶ月続きで4円〜5円の値上がりもなく、仕事量も多少増えてきており嬉しいことではあるが、仕事が増えた分、軽油の消費量も増えることになるので、結果としては苦しい経営が続くと考えられる。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End