情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

10 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
10 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌・醤油
*先月と状況は変わらず、売上不振が続いている。歳暮品の売上も期待は出来ない。
 
水産加工品
*鮮魚の水揚が増加し、冷蔵庫は満庫となり、フル稼働している。加工も工場は順調に稼動している。しかし、価格面は厳しい納入状況となっている。
 
菓子
*異常気象により暑さが長引いたため売上が伸びず、在庫数量が多くなり、業績も落ち込んだ。依然として観光客の減少や購買単価の低下が見受けられる。又、リストラの問題も出そうな様子である。
繊維・同製品 繊維製品
*市場に活気が戻らず、ダラダラした状態で年末商戦を迎える感じがしない。業況は弱含みで推移している。
 
*紳士服(オーダー)関係は昨年度対比横ばいであるが、婦人服関係は昨年度対比若干落ち込んだ。
窯業・土石製品 セメント
*新築が少なく、相変わらず、屋根瓦葺き替え工事が中心で全体的な受注量は伸びていない。結果として売上高は減少した。
 
生コンクリート
*出荷数量は前年同月比は4.3%(7,200m3)減少するも、前月比は15.4%(21,102m3)増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼業
*受注環境は総じて順調であり、各社ともほぼ確保している。只、受注価格は海外調達ベースの価格となり厳しい。
電気機器 電気機器
*仕事量は堅調であるがなかなかコスト高を吸収できずにいる。海外調達も、第二局面に差し掛かりつつあると考える。(海外で品質、価格、納期とも充分に対応可能な商品。)                                                                                                                                            *従来の仕事にしがみつけないことを実感している。今後は、自社の特長を生かしつつ、世の中に通用する技術や技能を再認識しながら受注活動につなげていきたい。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売
*前年は、相次ぐ台風の影響による農作物への甚大な被害が青果物の高値をもたらし、取扱高が大幅に上昇した。一方、本年は、台風の影響もなく青果物が大豊作となり安値安定で推移したため、対前年同月比(平成16年10月)は65.6%と大幅にダウンした。平成17年4月〜10月までの累計においても、89.6%と落ち込んでいる。消費の盛り上がりも期待薄なので、今後も低水準で推移するものと思われる。
 
食肉販売
*和牛交雑牛が値上りして、販売に苦慮している。
 
石油販売
*9月中旬より原油価格が小幅ながら下げ局面に入っているが、卸価格は10月は1円程度の値上げ。
商店街 佐世保市
*具体的なデーターはないが引き続き厳しい状況が続いているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
諫早市
*11月15日(火)に「アエルいさはや」起工式が執り行われる。
諫早市栄町商店街協同組合
サービス業 情報
*11月14日〜18日:「中国国際環境フェア」が北京で開催され、長崎県内からは8社が出展する予定。
*11月20日〜23日:韓国釜山情報産業振興院主催の「ITバイヤー招請商談会」が開催される。協会会員のうち3社が参加予定。
 
旅館業*10月の売上は対前年比80.4%で△19.6%となった。1月・8月で組合員が2社減少した分を差し引いても対前年比87.8%で△12.2%と非常に厳しい状況に変わりはない。金額では△1,000円万となった。
 
飲食業
*10月の中華街は観光客、地元のお客様とも減少。相変わらず大変厳しい状況にある。
建設業 建設業
*公共工事等の抑制による事業予算の削減、単価の下落、ダンピング受注と経営環境は年々厳しさを増している。一方、民間需要は各種ビルの改修工事、個人住宅のリフォームの関心が強まり、需要は増加傾向にあるが、組合員に格差があり、業界全体としての安定受注まで至ってなく、まだほど遠い。各社とも危機感を持って諸経費の削減及び合理化・効率化を進めているようだが、それも限界にきつつある。建設業を取り巻く環境は、ここ数年がまさに生き残りをかけた試練の時期と考えられる。
運輸業 運送業
*10月になってもなかなか売上が伸びてこない。青果物(みかんなど)も前年度より量が出てこない。土木関係(ダンプ)の仕事もなかなか出てこない。毎月厳しい状況が続いている。
*軽油の値上りについて毎月及び1ヶ月〜2ヶ月毎に言ってきていたが、10月分の値上げは言って来なかった。前年度 3月頃より値上げを言ってきて、10月現在で、90万増となってきている。中小企業者の運送会社で90万の増加は厳しい。車輌数の多い会社も悲鳴を上げている。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End