情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

9 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
9 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 醤油味噌
8月においては若干ではあったがやっと前年同月に比べてプラスに転じたので、今月も期待していたが、見事に期待を裏切られ、減少に転じてしまった。今後、石油高騰の余波が怖い。
 
菓子
例年、9月期は年間の内でも悪い月ではあるが、中元後の9月の売上高は最悪となった。台風と残暑の影響があったのか、若しくは中元商戦の反動だろうか。
繊維・同製品 繊維製品
組合各社共に昨年と同じような感覚があり、何となく良い方向に向かっているようだが、実数としては未だのようだ。ウォームビズの効果がどれくらいあるのか10月、11月を期待している。
紳士服(オーダー)関係は若干良い。また、婦人服関係においても時期的に若干良い。
木材・木製品 建具
業界の意気消沈した現況を少しでも前向きにと考え、「ものづくりフェスタ」に組合員有志で参加することにした。何かのビジネスチャンスのきっかけになればと思う。また、恒例の「住宅フェア」にも組合員一人一人が積極的に参加するように働きかけていきたいと考えている。特に今回の「住宅フェア」は、「実り、恵みの感謝祭、長崎農水産物フェスタ」等のイベントもあり、多数の人出が見込まれ、私達業界の広報宣伝に役立たせたいと思う。
窯業・土石製品 セメント
売上高は前年に対し7%減少。新築より葺き替え工事が多かった。
 
生コンクリート
出荷数量は前年同月比は7.2%(9,213m3)、前月比は23.6%(26,102m3)それぞれ増加した。
鉄鋼・金属 鉄鋼
仕事量は各社共ほぼ確保している。ひと月の時間外労働は一人当たり平均30時間であり、受注環境もほぼ順調に推移している。しかしながら、原材料の高騰が製品価格へ転嫁できず、厳しい状況である。                                                                                                              
輸送機器 輸送機器
輸送費(特にトラック料金)の値上げ傾向が出ている。
その他の製造業 造船業
上半期の新船受注高は前年度同期に比べ半減しており、受注環境は依然として厳しい状況下にある。設備操業度は、前年度からの手持工事残等もあって比較的高位を維持しており、資金繰りや収益状況等についても、前年度同期に比べ好転している。                                                                                                                                                                                                   

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
卸売業 卸売業
全体的に売上が伸びているが、一時的なものと考えられるので、2〜3ヶ月様子を見て判断しようと思う。
佐世保卸団地協同組合
小売業 青果物販売
前年同月は、台風の日本への相次ぐ接近や上陸により青果物が高値となり、取扱高が高水準となった。今月台風の直撃があり、長崎では余り被害も出ず、相場は安定して推移したが、取扱高は前年同月比95.3%と減少した。
 
鮮魚介小売業
長崎県地方卸売市場の魚市場条例の改正(規制緩和)について県より説明があり、その中で、禁止されていた仲卸業者の場外販売が解除されることになるようで、小売にとって死活問題となり、この対応が深刻である。
長崎
 
食肉販売
佐賀県にて開催された九州肉連の役員合同大会において、現状として日本ではBSE対策は市場にて執り行われている。アメリカ産牛肉を早急に輸入して欲しい。

 
石油販売
9月の仕入値上は2円以上。値上が続き、掛売の転嫁不足が収益を悪化させている。石油製品の値上りで需要減が表面化している(特に重油関係)。
商店街 佐世保市
具体的なデータはないが厳しい状況が継続しているものと判断する。
 
島原市
9月17日に島原商業高等学校の学生による実験店「島商ップ(しましょっぷ)」がオープンし、現在営業中。
サービス業 旅館業
愛地球博並びに九州新幹線の影響で観光客が減少したと思われる。
 
旅館業
1月閉鎖1社、8月倒産1社があり、9月の前年実績は89.2%と△10.8%の売上であり、今後、秋の行楽シーズンで観光客の増加が期待されるが、依然として厳しい状況に変わりなし。資金繰りも今後年末にかけて悪化すると思われる。
 
飲食業
9月は3連休が2回あり、賑わいはあったが、全般的には前年9月に比べ、売上は若干減少した。相変わらず厳しい状況にある。
建設業 建設業
建設投資の著しい減少と業者数の需給バランスの崩壊が起因となり、過当競争の激化による受注合戦となり、今までのような経営計画が立てられないと嘆いている事業者が多くなっている。結果として、経費も賄えない状況から、倒産・廃業先が増えており、組合員はこの一年間で14社も減少し、本年度に入ってからもこの傾向に歯止めがかからない深刻な状況となっている。
運輸業 運送業
月に入っても売上は伸びてこない。軽油は更に上昇している・運賃の値上げ交渉を行なっているが一向に上がる見込みが無い。非常に厳しい状況である。
 
貨物運送業
毎月の軽油の値上げにより、経営が圧迫されている。中小企業にとっては排ガス除去装置の取付けや大型車への速度制限装置取付け、軽油の値上等、昨年から今年にかけて経費負担が増加してきており、本当に会社経営が苦しくなってきている。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End