情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

4 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
4 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 味噌・醤油
*売上については前年同月と比べ変化はなかったが、石油高騰による原材料の値上げが続き、経営を圧迫してきている。
 
漬物
*生産農家が自家生産した野菜を漬物に加工し、ふれあい市場や店舗等々で盛んに販売されており、我々の業界への影響が大きく、先の見通しも悪い状況になっている。
 
菓子
*最近、新年度に入り諸々の事情を理由に協賛的な経費(負担金、分担費等)増額を要求してくる取引先からの文書等が多くなった。又、ガソリン・原油の値上げを理由に包装資材関係の値上げがあり、これを売価、納入額に転嫁できず、収益状況が悪化した。
繊維・同製品 繊維製品
*今迄の減産の反動からか4月度は組合員全員売上げが増加となったが、受注の手持ちも6日〜10日分程度で、連休の売上げ状態であり、追加が来るのか否か、又秋物としてくるのか今後の受注は不明である。
 
繊維製品
*昨年度に比べ、紳士服関係の状況は好転したのに対し、婦人服関係の状況は若干悪化した。又、婦人服関係でもカジュアル部門の状況は若干好転した。不渡りの発生した店もあり、大変苦労している。
木材・木製品 建具
*従来は、新年度に入っても前年度の残工事等がそこそこあったが、最近は、年度末の3月末日を区切りにピタッと仕事が無くなるという状況がここ2〜3年位前から見られる。官公庁関係の工事も動き出すのが7月位からかと思われるので、ここ2〜3ヶ月は仕事確保が難しいところである。
窯業・土石製品 陶磁器製造業
*産地問屋の大手が倒産し、産地に不安が広がっているが、和食器以外の商品で異分野の開発を行い特許出願をしており、既に大手数社から引き合いがあっているので、実現すると、産地及び県内でも反響を呼びそうである。
 
セメント製造業
*4月は天候不順と受注減の為、売上が減少した。
 
生コンクリート製造業
*出荷数量は前年同月比は5.5%(7,354m3)、前月比は21.7%(34,826m3)それぞれ減少した。
鉄鋼・金属 鉄鋼・金属
*現状においては、工事量は各社共第1四半期迄は確保の見通しであるが、4月発注分より受注単価の引き下げや原材料の高騰により、収益状況は厳しい。
電気機器 電気機器
*昨年後半から随分と回復基調にあるようだが、何とも実感できずにいる。仕事量については、確保しつつもいつ何時急降下しそうな気配が拭えない。素材等は、価格上昇の一途を辿っているにもかかわらず我々の価格は下がる一方である。とは言いながらも大手企業は、着実に利益を出して景気回復基調と言っている現状があるのは不可解である。
その他の製造業 造船業
*貨物船関係の新船建造需要に明るさが出てきており、各種調査指標は好転してきているが、その他船舶の建造需要は依然として低水準が続いており、長期的に見れば、厳しい状況に変化は見られない。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
小売業 青果物販売
*新年度がスタートした。4月の青果物取扱高は、前月比6.7%ダウンであったが、前年同月比8.2%の増であった。個人情報保護法が4月より施行された。組合員の個人情報については細心の注意を払い、その保護に努めて行きたい。
 
食肉販売
*米国産牛肉の輸入停止の為、オーストラリア産の牛肉が出回っているが、オーストラリア産の牛肉の価格が一片当り5,300円と上昇しており、外食他ホテル等各業界では大変困っている。早く米国産牛肉を輸入して欲しい。
 
石油販売
*元売仕切においては4月1日より4.5〜5.1円の大幅値上げがあっており、2〜4月の仕切値上げは約8円。店頭小売価格は2〜4月は5円で利幅が減少した。5月も仕切値上げ2円強となりそうである。
 
木材販売
*新年度になっても好転の状況は無い。
商店街 佐世保市
*引き続き厳しい景況が継続している。
(させぼ四ヶ町商店街協同組合)
 
諫早市
*商店街の駐車場利用は対前年度比20%減となった。
(諫早市栄町商店街協同組合)
 
島原市
*桜の開花と共に人の流れが動き出し、4月前半は入学式等の行事で商店街も来街者が増え、活気が出たように見えたが、10日頃を過ぎると落ち着き、普通の景気に戻った。暖かくなると中高年の買物客が少しずつ増えてきているようで、高齢者対策が必要となってくる。
(島原市中堀町商店街協同組合)
サービス業 情報サービス業
*建設業や製造業の業況の好転が見られない状況下で、IT投資が不調である。
 
旅館業
*愛知県の地球博覧会及び九州新幹線沿線の方へ人が流れた為、観光客が減少した。韓国竹島問題で県内では3〜4月にかけて1,400人ものキャンセルが出た。
 
旅館業
*4月期の売上高は対前年同月比6.5%プラスとなったが前年4月が対前年比11.3%のマイナスであり、対前々年比にすると約5%の売上マイナスとなる。又、韓国、中国との外交問題で、4、5、6月の予約のキャンセルが続いており、非常に厳しい状況である。
 
飲食業
*相変わらず中華街全体では大変厳しい状況にある。
建設業 建設業
*建設業は将来的にも公共事業の縮減が避けられなくなり、業者は意識を変えようと生き残りをかけて必死である。今は建設業の雇用を移せる受け皿が見当たらない。他見で新分野の進出例として農業や林業等あるようだが、それらを活かせる立地があるので、まだ良い方である。それぞれに新たな分野を模索しているが、人手とお金がいる訳で体力が無い時に新分野へ投資する事は難しいと言っている。今はリフォーム事業に取り組む業者が増えてきている。今迄の経験を活かせるだけでなく、公共工事が減る中では民間工事に食い込むしか活路が無いのが現状である。
運輸業 運送業
*4月の軽油値上がりは1L当り5円もあったが、これを運賃に転嫁できていない。収益悪化は確実である。
 
貨物運送業
*運輸業界の運賃は若干好転してきているようだが、元に戻る迄にはかなり時間が掛かりそうである。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End