情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

7 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
7 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食料品 醤油味噌製造業
*原料の値上げ、包装資材の値上げ、燃料(重油等)の値上げ等で収益を圧迫している。市場では、安売り乱売が続き乱れている。1人当りの使用量が減ってきている等醤油、味噌業界は厳しい状態になってきている。
 
水産加工製造業
*7月はカツオの水揚げが多く、市場は活況を呈した。又、煮干の生産量も最高で、冷蔵庫も保管量が増えた。加工場も中元向けの商品販売が増加し、忙しかった。
 
菓子製造業
*県北の老舗、業界トップクラスの商社が二度目の不渡を出して、関係取引の各社への代金支払が納金期日を過ぎても納入されず、中小のほとんどの業者の不安が大きくなってきている。一日も早い対応を望むところである。中元商戦は昨年よりは数量でやや伸びるようだ。只、単価はまだまだ低い。少々ではあるが、昨年よりは良い結果になりそうだ。
繊維・繊維製品 衣服・その他の繊維製品製造業
*百貨店、専門店、スーパーの売上共に減。厳しい現状である。
 
繊維製品製造業
*中には落ち込みあるも全体的に若干上昇気分であった。
窯業・土石製品 陶磁器製造業
*依然として厳しい業況は続いているものの、大手にはプレミアム商品の数量の大きい注文も見られる。又、今回2〜3月間に納品する国内のチェーン店からの大きな発注があり、産地の数社で受注し、夏場の大きな落ち込みを一部ではあるがカバーされている(従来と流通形態の少し変わった部分もある)。
 
瓦製造業
*売上高は前年同月に比べ19.7%減少、前月に比べ41.3%増加。
*売掛金回収においては、前月売上に対し73.5% (内手形15.4%)
 
生コンクリート製造業
*出荷数量は、前年同月比は1.7%(2,223m3)減少、前月比は0.7%(932m3)増加している。
鉄鋼・金属 輸送用機械器具製造業
*受注環境は総じて好転。工事量は第2四半期までは確保。但し、採算は依然厳しい状況である。
輸送機器 機械器具製造業
*原油の高騰の影響でラッカーシンナーや塗料用シンナーの価格が平均15%アップしている。
電気機器 電気機器製造業
*相変わらず客先からの価格低減要求が強く、原材料の価格も上げと止まった感じはするが、原油価格も安定せず、一層緊迫感が強まった様である。月毎の売上推移も山谷の幅が広く、予断は許されないと思う。また、海外調達品との価格競争も激しく、海外生産を余儀なくされる一面も大いにある

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
   卸売業    物品卸売業
*業種によっては夏物商品の売行き好調の様で昨年から持越した商品(在庫品)も一掃したとの情報あり。しかし、全体的には厳しい。
小売業 青果物販売業
*青果物(野菜、果物)の取扱高は、前月比91.4%、前年同月比89.1%。年初からの累計(H16/4〜H16/7)でも、前期比93.0%であった。あまりの暑さ続きで、特に野菜の販売不振が目立つ。7月はかなり不調であった。
 
食肉販売業
*アメリカ産牛肉輸入停止の為、国内産牛肉市場は値上りになり、売価が上昇した。今後の牛肉市場小売販売は困ることがある。市場(消費者)豚肉消費あり。
 
石油販売業
*年初からの元売仕切上げ分の転嫁がかなり進んだものの、まだ不足地区が多い。原油は5月にピークとなり6月にやや下がったが、再び7月に入って急騰中である。
 
木材販売
*売上上昇するも倒産件数は増加傾向。
商店街 佐世保市
*6月19日から7月11日まで七夕まつりを実施し、商店街の賑わいの創出につとめた。景況は引き続き厳しい状況が継続しているものと判断している。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
島原市
*連日の猛暑で商店街への人出は少ない。7/17(土)から始めた土曜夜市は涼を求める人で賑った。ビール、かき氷etcよく売れたが、一般商品は振わず、夏物も電化製品や飲料材などよく動いたが、ファッション系は昨年並みであった。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 ホテル業
*大型団体客の受入を主軸としてきた当地(雲仙)においては、個人客主体となった現状では、お客は減る一方で先行き不安である。
建設業 建設業
*近年、建設業を取り巻く環境は一段と厳しく、建設業者数の増加、公共事業の減少による資金繰りや財務体質の悪化、建設市場の国際化により競争激化等かつてみられないような構造変化に直面している。この様な状況の中では、建設業経営に魅力を感じず、事業を継がせることに二の足を踏む経営者も出ており、後継者が育たない業界になりつつある。
 
電気工事業
*他社の倒産のあおりを受けて、組合員が会社を閉鎖した。当然退会という段取りになるが、まだまだ波及していくのではと気がかりである。
運輸業 運送業
*7月に入り青果物がなくなり売上減少。ダンプの動きも土木工事も少なく鈍い。依然として厳しい状況が続いている。軽油の値段もかなり上昇してきている。
 
貨物運送業
*毎年の事だが、厳しくなって長年が過ぎ、この季節になれば賞与の話で支給する方、受け取る方も笑顔があったが、いつになったらと思うと不安がいっぱい。これは、中小企業の深刻な悩みだと思う。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End