情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30  大雨:△30以下
 
1.景況天気図

4 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
4 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食 料 品 *月末にやや動きは見られたが、その反動が5月になければいいがと思われる。
 
*大型船の天然ブリの入荷は少なかったが、小型旋網の漁獲量が大量にあり、以西底曳や近海の水揚げも多く、加工場は忙しかった。冷蔵庫は、餌料用の水揚げが少なかったため、稼動率は高くなかった。
 
*業界にとっては好条件の時期ではあるが、組合間の上下差が最近目立っている様だ。旧態依然と努力しないとするのであるか?少しあきらめ気味の感がある組合員がいるようだ。少し前向に考えを交換することが大切だと思う。
繊維・同製品 *全般的に、低調に推移し、小売屋も元気が見られない。
 
*前月対比は全体的に良くなっている。前年対比は全体的に下りぎみである。婦人下着関係は、若干上りぎみ。   
木材・木製品 *私達組合員の仕事は、建築大工さんの下請的仕事でやってきたものだが、昨今の住宅事情の変化というか、在来工法の住宅建築が大幅に減少する中、さらに既製品化された建具家具製品が、私達業界以外のルートで入り込み、そして安価な品が多く見られ、私達技術を旨としてきたものとして、又家内工業的な規模の経営者として、多くの不安を抱えているところである。組合員の減少が頭痛の種である。
印  刷 *長崎市内で廃業1社あり
窯業・土石製品 *売上高は、前年同月に比べ26%増加、前月に比べ1.9%減少
*売掛金回収においては、前月売上に対し93.8%
 
*売上高は、前年同月に比べ4.6%(5,830m2)増加、前月に比べ23.3%(38,324m2)減少。*売掛金回収においては、前月売上に対し93.8%
鉄鋼・金属 *一部の社を除き、全体的には仕事量は確保でいている。只、受注価格は依然厳しく、鋼材、副資材等の高騰による収益悪化の増大が懸念される。
輸送用機器 *前回報告した鋼材価格の値上りが続伸しており、4月の時点で、切板ベースで100円/kgになった。H15/12時点で70円であったので、43%の値上りとなり、材料込みで受注している企業は収益の悪化となる(受注価格は大半が据え置)。
電気機器 *全般的には、仕事量の増加が見られ、以前よりは活気ある状況である。ただし、鉄をはじめとして銅、アルミ、樹脂製品など価格が高騰してきており、それが製品価格に転嫁できていないのが気になる所である。見掛上は、売上の増加になっているが、素材価格の上昇を吸収するだけのコスト改善が必要であり、これからが大変なのかもしれない。中国は、過熱状態が続いているが、中国と競争しながらある面では協奏していくことも必要ではないかと考える。 

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
電  器 *年度の始まりである。4月の取扱高は、前月比12%のダウン。前年同月比でも12.1%ダウンであった。青果物の入荷過剰気味に推移し、取引価格が低調であったためである。今月より総額表示が義務付けられ、消費者が割高感を持った影響で、消費が伸びなかったという要因も考えられる。
 
*産地表示でいろいろ検討されている。小売人の数も一年間でだいぶ減っている。
 
*アメリカ牛入荷0の為、業界(外食産業低下の為各専門店販売が低下している。
商 店 街 *裁判所競売中の旧永尾ビル片側が4月22日落札され、浜町ガーデン無料休憩所の成行きが心配される。
長崎浜市商店街振興組合
 
*4月11日(日)までおめでとうセールを、4月24日(土)から(5月5日まで)ゴールデンセールを実施し、販促に努めた。ゴールデンセールは、ポップサーカスの入場券が当たる抽選券付売出しを実施した。また、期間中島瀬公園に子供さん向けにトランポリンを設置するとともに5月2日はスケッチ大会を実施する計画である。販促の具体的評価は難しいが、来街者は例年並かそれ以上と判断され、所期の成果を収め得たものと判断する。
させぼ四ヶ町商店街協同組合
 
*4月の入学、進学で前半10日までは街もやや賑やかに進んで行ったが、中旬になると落ちついて静かになった。ファッションの春物の動きがにぶいので、売上高の方はのびなやみ、3月から相ついで島原の入口北門の郊外店のオープンで中心部はやや低迷していたようだ。連休前の需要も今一伸びずに昨年並みの景気で終った。
島原市中堀町商店街協同組合
サービス業 *観光客が依然として減少している。組合加入していないところが多い。
建  設 *建設投資の大幅な削減による工事量の減少とともに、需給ギャップの拡大に伴い過当競争による叩きあいで原価割れ、不採算工事が散見される。そこで廃業や撤退を余儀なくされている。輸出主導の景気回復の恩恵は一部大企業に偏り、地方経済の中小企業には波及されていない。
 
*新年度を迎えたが、官公庁の発注もなく、民間は厳しい状況のままである。新聞等に記載されている景気の上向き傾向というのはどこのことやらという雰囲気がある。当組合の組合員にも破産申立準備中という(当然脱退致しましたが)状態も出現してきた。
運輸業 *新年度がスタートしたが、売上はなかなかのびていかない。青果物などの出荷も遅れぎみである。土木関係も4月に入ってからなかなか仕事がでてこないようである。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End