情報連絡員情報

毎月、県下の各業界の48名の情報連絡員の景況判断とレポートをもとに集計しております。
*天気図の見方:各景況項目について「増加」との連絡を頂いた業種割合から「減少」との連絡を頂いた業種割合を引いた値をもとに作成しました。その基準は次のとおりです。
  快晴:30以上  晴れ:30〜10  くもり:10〜△10  雨:△10〜△30雪:△30以下
 
1.景況天気図

7 月 期 景 況 天 気 図

 

2.情報連絡員(製造業)レポート
7 月 期 情 報 連 絡 員 報 告
食 料 品  全体的な売り上げ減(特に、業務加工用、ギフトの伸び悩み等)。
 前月に比べて天候が悪かったので、水揚げも減少し、また、型の小さい魚や餌料関係が多くて、金額は大幅に減少した。
 前年に比べて数量は増えたが、金額は減少した(安価な魚の捕獲量が多かったため)。また、冷蔵庫・加工場の操業はやや忙しかった。
 前月に引き続き、天候不良が関係しているのか、売上減となった。前年と比べて、どの店舗も売上が減少した。人件費の削減を真剣に考えていることを業者間でよく耳にする。
繊維製品  六月、七月の天候不順のため、小売業は苦戦している。当組合の秋物受注は、順調で並みの状態。1部海外で作られたブランドが国内に戻りつつあるとの情報があった。
 (1)紳士服オーダーは、最悪の受注量で苦労の連続である。
 (2)婦人服は、前月比と同じであるが、前年比は数量的に落ち込んでいる。
 (3)その他は、婦人服と同様。
陶 磁 器  消費地の問屋の倒産及び産地の中堅問屋が倒産し、ますます厳しい状況が表面化している。
 売掛金回収においては、前月売上に対し93.9%
 瓦製造なし。
生 コ ン  売上高は、前年同月比11.3%の減少(17,047m3減)、前月比9.4%増加(11,532m3増)である。
一般機器  依然として厳しい現況である。その中で、産業構造の変革、環境の変化への対応など、新たな事業展開にも大いに挑戦してもらいたい。各社自助努力し、厳しい中頑張っています。小企業では経営参加する意識を育てていくのも、企業労働の質の向上につながっているのではないかと感じています。前を向いて社員一同前進してもらいたいものです。
鉄鋼・金属  工事量の減少と受注価格の引き下げにより、依然厳しい状況が続いている。受注状況も2ヶ月先は見えない。その日暮らしである。
電気機器  三菱電機の構造改革もいよいよ 佳境を迎えることになりそうである。長崎地区での生産品目がかなりの規模で他地区、他社へ動きそうな気配である。かなりのダメージが考えられる。一層の各社の努力が強いられそうである。
造  船  全体的な新船受注高は、前年同期に比べ6.5%の増となっているが、新船建造の手持ちが全くなく、修理業務でつないでいるとこともあり、新船建造の受注環境は、依然として厳しい状況下にある。

 
3.情報連絡員(非製造業)レポート
食  肉  日ハム子会社(長崎県諫早工場)にて、交雑牛を和牛と偽造して、不正請求していた。大手の偽造にて、我々専門店に影響が大きい。信用を取り戻すよう、全店をあげて安全、安心の商品(固定表示)を打ち出して、信頼を取り戻すよう努力しています。
商 店 街  有川呉服店閉店→あつ丸うどんへ(8月オープン)
 今井ビル3F梅の花跡→工事中
 三松跡→工事中
長崎浜市商店街振興組合
 
 景況は引き続き厳しい状況が継続しているものと判断される。7月4日(金)までサマーセールを行い販促に努めている。
させぼ四ケ町商店街協同組合
 
 梅雨明けが遅く、7月上旬は商店街に人出がなく、売上も伸びず、7月19日より土曜夜市を開始したが、人出はあっても、売上の方はなかなか効果が上がらない。夏物衣料や冷房器関係も商品が動かず、中元贈答品も数的に少なかった。
島原市中堀町商店街協同組合
旅館・ホテル  全国高校総体で、一時的満室状態になるが(関係地区のみ)、その後空室が目立つ。
建  設  建設投資の減少から過当競争による叩き合いで原価割れ、不採算工事ばかりでもうこれではやっていけないと、廃業や撤退を余儀なくされている先が出てきた。
 ・4年前までAクラスの業者が業績不振により昨年はCクラスに降格。このままでは赤字転落、仕事が取れないということで廃業撤退を余儀なくされた。
 ・一方、リストラの手段として50歳代の幹部技術者クラス(部長級)を降格し、営業部へ配置転換、40歳代を部長に昇格させるという厳しい人事異動も見受けられる。
 建設業界を取り巻く環境は、一段と厳しさを増し、入札・契約制度改革、過当競争の増加等々で経営努力にも限界を感じている。
電気工事  官庁の工事(夏休みの学校等)が出ているようだが、厳しい状況に変わりはないようだ。景況が良くなる気配は感じられない。
運  輸  長い梅雨で稼働率が悪く、売上が落ち込んだようだ。今から夏場にかけて、どれだけ仕事量を確保していくかが問題である。
 

問い合わせは長崎県中小企業団体中央会まで
TEL095-826-3201 FAX095-821-8056
  トップページへ End